愛子さま×犬と猫 皇室は動物愛護精神に溢れていた


伴侶動物とはいろいろな出会い方があります。海外ではシェルターから伴侶動物を譲り受ける著名人が多くいますが、日本ではどうでしょうか。様々な経緯で保護動物と暮らす日本の著名人13人のエピソードをまとめました。

皇太子ご一家は愛犬由利(ゆり)さんと2頭の猫を飼育していて、全て保護動物だそうです。

愛子さまは小学校の卒業文集の作文で、飼っている犬と猫への愛情と、動物の殺処分問題についての考察を書いているほどの動物好きのようです。

その他にも高円宮家の愛犬芽生(めい)さんも保護犬なんです。

動物保護団体ちばわんが、殺処分の前日に千葉県動物愛護センターから引き取り里親を募集したところ、久子さまの長女承子(つぐこ)さまより里親希望の申し出があったとのこと。引き取った時は推定3〜4歳の成犬だったそうです。

皇室で動物を飼育する際は、里親になることがスタンダードのようですね。

PAGE TOP