島田理生さん×猫 程よい距離感での猫との生活をする作家


小説家と猫というのはお似合いの組み合わせですよね。

作家の島田理生さんは、ご実家でも猫を飼っていましたが、一人暮らしを始めてから、猫という気ままな存在と共存するのが素敵なんではないかと、猫を迎えることにしたそうです。そして里親募集サイトを経由し、タビさんというキジトラの猫が家族になりました。

ところが、迎えたのがオス猫だったせいか、思ったよりもベタベタと甘えてくる猫だったそうで邪魔をされながら小説を書いているとのこと。

猫をやみくもに愛すのでは無く、命を預かる責任を果たしながらも、猫をひとつの独立した存在として関係を築いている方です。

Uncategorized

Posted by admin

PAGE TOP