とよた真帆さん×猫 ロケ先や高速道路で猫に呼ばれてしまう俳優


小さい頃から猫に囲まれて暮らしいたとよたさんは、何故かロケ先などで困っている猫に出会ってしまうそうです。

助けを呼ぶ声がすると、飼い猫や親兄弟が一緒でなないことを確認し、ひとりで困っている子を保護し、多い時で7頭の猫と暮らしています。そのうちの一頭、ぺトさんは、なんと高速道路で保護されました。

高速道路で前方を走っていた車が、突然ハンドルを切り、車同士の接触事故を起こしたのですが、それが猫を避けるためだったのです。

とよたさんが見に行ったところ、虐待を受けた様な形跡もあり、すぐに病院に連れていって、とよたさんの家族に加わりました。

とよたさんは、日本におけるペット業界の問題点や、動物を取り巻く環境の改善のため、まずは2020年までに東京から不幸な犬や猫を「ゼロ」にすることを目的とした「TOKYO ZEROキャンペーン」の呼びかけ人の一人でもあります。

2016年9月には、保護活動を行うNPOから新たに子猫を迎え入れています。

PAGE TOP