まずは殺処分の現実を知ること


毛皮産業の実態を知ることで毛皮に対する見方が変わるのと同じように、殺処分の実態を知ることで「ペットを飼う」ということに対する見方が変わるはずです。まずは目をそむけず、殺される動物たちの現実を知ることが最初のステップになります。

以下でご紹介するのは、動物愛護や殺処分に関連した書籍です。

『子犬工場』大岳美帆/WAVE出版 


しないほうがいいことを全てやってきたと告白する著者が、反省の意を込めて送るメッセージは「買わないことで救える命がある」。悪徳繁殖業者、犬をモノとして扱うペットショップ、自分勝手な理由で犬を飼育放棄する飼い主など、現代のペット業界にある暗部を平易な文章で描写していく。ペットショップにいく前に、子供も大人も読んで頂きたい本です。

『ある犬のおはなし』kaisei/トゥーヴァージンズ


飼い主に捨てられた1頭の犬の目から、殺処分の現実を見つめる。冷たい金属ボックスの中に、少しずつ炭酸ガスが注入されていく様子は、決して「安楽死」などではないというメッセージが伝わってきます。

『ゼロ!熊本市動物愛護センター10年の闘い』片野ゆか/集英社 


熊本市動物愛護センターでは、毎週火曜と金曜が殺処分の日だった~「仕事だから」では割り切れない怒りと悲しみを原動力に、多くの人が鼻で笑う「殺処分ゼロ」を実現するための10年に渡る挑戦が始まった。

『ペット殺処分』小林照幸/河出書房新社 


二酸化炭素を注入して犬たちを緩やかに窒息死させる殺処分装置「ドリームボックス」。ここに入れられた犬たちは、果たして本当に「ドリーム」を見ているのだろうか?動物愛護センター職員の苦悩を追う物語風ノンフィクションです。

『犬を殺すのは誰か』太田匡彦/朝日新聞出版


悪徳ブリーダーのもとで「生産」された子犬たちは、ペットオークションという醜悪な形態を経由して、「消費者」の元に届けられる。流通過程で犬を苦しめているのは拝金主義の繁殖屋か、それとも需要を生み出している消費者か。ペット流通の闇を概観できる入門書です。

『殺処分ゼロの理由 熊本方式と呼ばれて』松田光太郎/熊日情報文化センター


「犬を持ち込む飼い主への説得」、「適正飼育に関する啓蒙活動」、「迷子札装着の推進」など、今日では当たり前とも思える数々の対策は、いつしか「熊本方式」と呼ばれるようになり、殺処分減少の方程式として広まって行きました。

PAGE TOP