飼ったら捨てない


声を大にして言うことではありませんが、一度飼ったら捨てない。しかしながら、実際に途中で飼育放棄する人があとを絶えないという現実。一度飼うことを決めた犬猫を捨ててしまうには、幾つかの理由があると思われます。迎え入れる前のシミュレーション不足、飽き、犬の問題行動、うまくいかないしつけから感じられる自分自身の無力感、費用、介護、犬アレルギーなど色々です。

また近年は高齢者による飼育放棄が増加し、東京都福祉保健局が急遽「ペットと暮らすシニア世代の方へ」というパンフレットを作成・公開するという事態にまで発展しています。このパンフレットは、高齢化に伴う様々な問題を事前に食い止めるために作成されたものです。飼い主がある特定の問題に直面したとき、具体的にどのような解決策を取ればよいのかがまとめられています。以下はその一例です。

『世話をするのがしんどい』

視力や握力が低下してペットの爪切りが難しいとか、足腰が弱ってペットの散歩が大変になってきたという人は、積極的にペットシッターを利用する。

『ペットが心配で入院できない』

自分の検査入院が必要だと医師から言われているがペットがいるから入院できないとか、怪我で自宅療養中、ペットの世話をどうしてよいかわからないという人は、ペットホテルを利用したり友人知人に頼む。

『ペットの介護が必要になった』

歩行困難や認知症など介護が必要となったがどう対応したらよいかわからないとか、ペットの健康に不安があるが動物病院に連れて行く負担を考えると迷ってしまうという人は、動物病院に相談する。介護に関するアドバイスをくれたり、場合によっては往診をしてくれる。

『自分の死後が心配』

自分が死んだ後、ペットの行く末が心配だという人は、老犬ホームやペット共生型の住居を見つける。こうした施設は仮に飼い主が先に死んだとしても、残されたペットの面倒を見てくれる。またペットのための遺言を残したり、ペット信託を利用して後見人を見つけておく。

『飼い続けることができない』

肉体的、経済的な理由によりどうしてもペットを飼い続けることができなくなった人は、安易に行政機関に持ち込むのではなく、新しい飼い主を探す努力をしたり、動物愛護ボランティアに相談する。

高齢者におけるペットの入手法には、自分でペットショップに買いに行くというルートほか、家族がプレゼント感覚で買い与えるというルートもあると考えられます。いずれにしてもペットショップには、動物保護団体が設けているような「同居人がいない人には譲渡できません」といった厳格なルールがあるわけでは無いため、後見人がいない独居老人でも簡単にペットを手に入れることができてしまいます。こうした流通形態が高齢者による飼育放棄の一因となっていることは間違いないでしょう。

PAGE TOP