ボランティア・寄付をする


「ボランティア」という形で労働力を提供したり、「寄付」という形で金銭や物品を提供することで、犬や猫の殺処分数を減らすことができます。

近年は「認定NPO法人制度」や「ふるさと納税制度」といった新しいシステムが誕生したことにより、犬や猫の保護活動を行っている団体に寄付をすることで、自分自身の節税にもなるという新たな流れができあがりました。

有名なところでは、広島県神石高原町が「ふるさと納税」を通じて数億円の寄付金を集め、「ピースワンコ・ジャパン」の活動資金になったという例があります。ボランティアという形で保護活動の前線に行くことも、寄付という形で後方支援することも、犬や猫の殺処分低下のためには重要な要素です。

次項では、個人が動物保護団体にボランティアで参加したり寄付をするときの基礎知識と注意点をご紹介したいと思います。

PAGE TOP