認定NPO法人への寄付


「認定NPO法人」(認定特定非営利活動法人)とは2001年10月に新設された制度で、税制上の優遇措置が付与されるという特徴をもったNPO法人のことです。具体的には、認定NPO法人に対して行った寄付金の一部が、所得税および住民税から減額されます(→国税庁)。こうした認定NPO法人に寄付をすれば、犬や猫を支援できると同時に節税にもなるというわけです。

以下は、犬や猫の殺処分低減を目的として活動している認定NPO法人の一覧です。

《認定NPO法人》

・猫達の幸せを守る会(千葉)

・HOKKAIDOしっぽの会(北海道)

・えひめイヌ・ネコの会(愛媛)

・フレンズオブアニマルズ(東京)

・日本レスキュー協会(奈良)

控除を受けるためには、自営業者であっても給与所得者であっても寄付した年の翌年2月半ばから3月半ばまでの間に確定申告をする必要があります。その際は、認定NPO法人が発行する領収証が必要です。なお2011年に施行された新寄付税制により、確定申告の際「所得控除」(寄附金控除)と「税額控除」(寄附金特別控除)のどちらで申請するかを寄付者本人が選択できるようになりました。前者は「課税対象額が減額される」、後者は「税金そのものが減額される」という特徴を持っています。どちらに節税効果があるかは、所得金額や所得税率によって変動しますので、事前によくご確認ください。

《寄付金控除(認定NPO法人)》

・所得控除を選んだ場合

(寄付金額-2000円)=所得控除額

※所得控除額に所得税率をかけた値が最終的な減額/寄付金額は所得金額の40%が上限

・税額控除を選んだ場合

(寄付金額-2000円)×40%=税額控除額

※寄付金額は所得金額の40%が上限/税額控除額は所得税額の25%が上限/自治体によっては住民税控除もあり

なお、寄付金控除が個人住民税にも適用されるかどうかは、都道府県や市区町村の条例によって変動します。事前に管轄の税務署等にご確認ください。例えば東京都に住んでいる場合、都内に活動拠点を置く都指定の認定NPO法人(PDF)に寄付をした場合に限り、寄付金から2000円を差し引いた金額の4%が都民税から控除され、6%が区民税から控除されます。

PAGE TOP