公益法人への寄付


動物保護団体の中には「公益社団法人」や、「公益財団法人」という資格を取得しているところがあります。こうした団体に寄付をし、翌年の2月半ばから3月半ばまでの間に確定申告をすれば、所得税や住民税が減額されます。 以下は、犬や猫の殺処分低減を目的として活動している公益法人の一覧です。

《公益法人一覧》

・日本動物福祉協会(社/東京都)

・アニマル・ドネーション(社/東京都)

・公益財団法人動物環境・福祉協会Eva(財/東京都)

・日本動物愛護協会(財/東京都)

・日本アニマルトラスト(財/大阪府)

・どうぶつ基金(財/兵庫県)

・福岡県動物愛護センター(財/福岡県)

控除を受けるためには、自営業者であっても給与所得者であっても寄付した年の翌年2月半ばから3月半ばまでの間に確定申告をする必要があります。その際は公益法人が発行する領収証が必要です。確定申告の際は「所得控除」(寄附金控除)と「税額控除」(寄附金特別控除)のどちらで申請するかを寄付者本人で決めることができます。前者の特徴は「課税対象額が減額される」という点、後者の特徴は「税金そのものが減額される」という点です。また公益法人によっては「所得控除」のみで「税額控除」が受けられないところもありますので、事前に各法人にお問い合わせください。

《寄付金控除(公益法人)》

・所得控除を選んだ場合

(寄付金額-2000円)=所得控除額

※所得控除額に所得税率をかけた値が最終的な減額/寄付金額は所得金額の40%が上限

・税額控除を選んだ場合

(寄付金額-2000円)×40%=税額控除額

※寄付金額は所得金額の40%が上限/税額控除額は所得税額の25%が上限/自治体によっては住民税控除もあり。

PAGE TOP