犬の殺処分の現状と今後


環境省が公開している犬・猫の引取り及び負傷動物の収容状況内の引き取り数、殺処分数、譲渡数データを見てみると、少しずつではありますが、殺処分数が減って譲渡+返還数が増えつつあることを確認できます。

今後この殺処分数をさらに減らし、限りなくゼロに近づけるため、環境省では「人と動物が幸せに暮らす社会の実現プロジェクト」というサイトを立ち上げ、地方における取り組みを随時紹介するようになりました。私たちも、一人ひとりが「ノーキル」(No-Kill)という目標に向かい、以下に挙げるような問題に取り組んでいくことが重要となってくるでしょう。

・生産・繁殖者の問題点 

・せり・オークションの問題点

・小売の問題点

・購入者の問題点

次項から、殺処分に関連する上記の問題点を具体的にみていきたいと思います。

PAGE TOP