日本と違う!? ドイツのペット事情をご紹介


ペットに関する様々な問題は、日本においても専門的な団体の努力や愛犬猫家の有名人たちが声を挙げていることもあり、認識する人が増えてきている。しかしながら、ペットを生き物としてでなく、ビジネスの道具としてしか考えていない悪質な商売、保健所における殺処分問題が後を絶たないのも事実である。日本では年間16万匹以上の犬や猫をはじめとする罪のない動物達が殺処分されている。全て人間のエゴから生まれた残酷な問題なのだと認識してもらいたい。
そんな日本に対して、ドイツでは正当な理由がない限り殺処分は行わない。多くのメディアで、”ペットが一番幸せな国”と称されていることには賛否両論の意見もあるが、明らかな違いがあるのは確かだ。どうしてこれほどまでに違うのか? その理由を探ってみたいと思う。

まず街を歩いていて、野良犬や野良猫に出会うことがない。リードをしていない散歩中の犬は良く見かけるが、首輪をしていて身綺麗で、飼い主を確認しながら歩いている。”歩けば野良猫に当たる”日本に慣れてしまっていたため、移住して来た当初はこの状況が不思議で仕方なかった。なぜ、いないかと言うと、ペットは室内で飼うというのが基本的なルールであり、猫だけでなく、大型犬であろうが、何匹飼おうが同様である。

さらには、「ティア・ハイム」と呼ばれる動物保護施設の存在が大きく影響している。放浪していたり、捨てられてしまったり、劣悪な環境にいる動物達を保護する施設である。道路に猫がうろついていたものなら、誰かがすぐさま施設に連絡し、保護するように徹底されている。   


ベルリンでは、犬を飼うには1匹当たり年間120ユーロの”犬税”が課せられる。決められたルールを守らないと罰金になったり、飼い主に相応しくないとして、犬を取り上げられたりすることもある。愛犬家が多いベルリンだが、禁止されている犬種を飼ったり、増え過ぎないように管理するため、厳しい規則が定められている。それだけ”責任と覚悟を持って飼いなさい”ということなのだろう。

PAGE TOP