世界的に有名な『ティアハイムベルリン』


ベルリンの郊外にある「ティアハイムベルリン」は、世界的にも有名です。日本で言う保健所のようなところであるが、中身はまるで違います。ドイツにはこの他にも約500のシェルターが存在し、総面積18万5000平方メートルの自然に囲まれた広大な敷地には、年間約15,000匹の動物たちが収容されており、猫棟、犬棟など専門の棟が存在し、犬には、何と1匹一部屋が与えられています。

高級ペットホテルの様な驚くほど整った環境というのは、正直少々贅沢だと思う点もありますが、1匹ずつ、名前、保護された理由、性格などきちんと管理されており、新しい飼い主を見つけるために役立てられています。150名近い従業員以外にも600名ものボランティアスタッフが動物たちの世話をしており、また、施設内には専門の病院もあり、ケガや150病気の治療が行われ、新しい飼い主が見つかるまで無期限で保護されます。

ペットビジネスに厳しいドイツでもペットショップは存在し、本来禁止されている生後間もない仔犬や子猫を販売していると問題の声も上がっています。しかし、知人やブリーダー、そして、引き取り率が90%であるティア・ハイムから探すという考えの人が圧倒的に多いのです。さらに、可愛いからと言う理由だけで飼うことは出来ません。何度も面接が行われ、飼い主に相応しいかどうか厳しく判断されます。飼い主になる条件も厳しければ、動物のしつけにも厳しいのがドイツです。仔犬をしつけする専門の学校があり、多くの飼い主がそこへ通い、しつけを覚えさせています。学校へ通わせる規則はないが、「犬を飼う=しつけをきちんとする」というのが当然の考えとなっている為、犬と一緒に入れない公共施設はほとんどありません。

電車に乗る時も、レストランで食事をする時も、スーパーで買い物する時も飼い主と一緒です。電車の中では飼い主に足もとに寄り添って座っているか、寝そべっており、デパ地下のスーパーでは、エスカレーター下のポールにリードで繋がれ、店内をじっと見つめながら飼い主の戻りを待っています。 


アパートメントであっても広々としており、市内には広大な公園も多く、犬にとってもストレスのない環境が整っていると言えます。

PAGE TOP