《動物愛護法》第4章~都道府県等の措置(35~39条)


都道府県の措置として、所有者から求められた時犬及び猫を引き取らなければならない、しかし拒否もできるということ、公共の場所において負傷している動物などを見つけた時の通報義務や、犬猫の繁殖制限、動物愛護を推進するということが書かれています。

住民に対して動物を愛し、適正な飼育を求めるよう理解を深めるなどの活動を行うよう定められています。

PAGE TOP