殺処分ゼロへ〜保護犬って?保護犬を迎えるのは大変なのか聞いてみました〜

「犬を飼いたい!」と思ったとき、日本ではまだまだペットショップで犬を買おうとする人が多いと思います。でもそのほかに「保護犬に会いに行ってみよう!」という選択肢もあります。近年、日本でもようやく知名度が上がってきた「保護犬」。でも、まだ保護犬に対しての偏見や誤解があるかもしれません。そんな思いを払拭すべく、実際に保護犬を迎えた飼い主さんたちも沢山います。 


〜保護犬だったローレン。ローレン家は先代もミニチュア・ダックス。でも性格は全然違うローレンを迎えることにより、ペットロスを克服〜

多くの日本人は、やっぱりペットショップに行くことが多いのではないかと思います。今までの慣習ではたしかにそうでした。あるいはもう少し詳しい人で、お目当ての純血種が決まっているのであれば、その犬種を研究している熱心なブリーダーのところから譲ってもらうということを選ぶ人もいるでしょう。  

しかしもうひとつ、最有力候補にしてほしい選択肢があります。動物福祉団体などから保護犬を譲渡してもらうという出会い方です。

そもそも保護犬とはご想像のとおり、一度は誰かに捨てられた犬であることが多いです。あるいは、雷や花火に驚いたかなにかで、失踪し、迷子になり、飼い主さんが現れないままセンターに収容されて日数が経ってしまった犬もいます。野犬のお母さん犬から生まれた、今まで一度も人間の手で育てられたことのない「親子三代の生粋の野犬です」という和製ディンゴのような犬もいます。

レスキューされた犬は、犬種も容姿も年齢も実にバラエティーに富んでいてさまざまです。遺棄(または保護)された段階ですでに妊婦犬で、動物愛護センターや動物福祉団体、またはそのフォスター(一時預かりボランティア)のところで出産することもあるので、乳飲み子もするし、上は10歳を超えた老犬もいます。純血種も、雑種(地方に行くほど、日本犬ミックスが多い)もいます。 

そして、遺棄された理由もさまざまです。

「引っ越しのため」

「離婚のため」

「こどもがアレルギーになったため」

「こんなに大きくなると思わなかった」

「しつけしても覚えない」

「いつの間にか、庭につないでいたメス犬が妊娠していた」

「高齢者が飼っていたが、入院(または老人ホーム)に入ることになった。親族は引き取りたくない」

まったく人間とは身勝手な生き物です。よく考えないで、子犬可愛さに手をだしたものの、飼いきれなくなったり、必要じゃなくなったら、ポイと捨てる。私のような犬馬鹿には想像もつかない、許しがたい浅はかな理由ももっとほかにあるかもしれません。 

終生飼養する覚悟や知識、時間、経済力、体力もないままに、犬を買ってしまうことが問題のひとつであるし、またそういう人に十分な説明義務を果たさないで販売してしまうショップも問題だし、さらにいえば需要以上に供給するパピーミル(子犬工場と呼ばれる商業目的の子犬繁殖場)の問題も大きいと思います。繁殖管理できないのに、避妊去勢手術をしない一般飼い主にも問題があります。

日本がまだまだ動物福祉の先進国とはいえないレベルなのは残念です。ただ、やむにやまれぬ事情というケースもなきにしもあらずでは…?とも思います。

たとえば、震災で家がなくなってしまい、仮設住宅には犬を連れていけない、とか、交通事故で飼い主一家が亡くなった、とか、想像するのもつらいような事例はあるので、そういう本当に特別な事情の犬たちを加護する最後の砦のような施設は必要ではないかとも思います。

近年、「殺処分ゼロ」をスローガンに、1頭でも多くの命を救うべく、努力している団体やボランティアの方が増えています。「殺処分ゼロ」の内容について賛否両論があったりするし、団体同士の軋轢があったり、自治体の活動とうまく連携しているところもあれば、ぎくしゃくしているところもあるのも事実です。

ボランティアの方々の手弁当の活動に甘えすぎてるのではないか、このままではキャパシティーがオーバーしてしまうのではないかなど、保護団体側の苦悩や負担は大きいという実態もあり心配。本当に日々頑張っている方々の努力には頭が下がる思いでいっぱいです。

それでは、どうすればいいのでしょうか?蛇口を絞めるための法整備も必要だし、やっぱりいまの状況はやっぱりへんだね、このままじゃまずいよね、と世論が価値観を変革していくことも重要だと思います。

そして価値観の変革といえば、今までの「ペットショップで子犬を買う」という慣習をちょっとシフトし、「保護犬を迎える」という選択肢をプラスしてみることも大いに意義があります。

でも、まだ「子犬から飼わないと懐かないんじゃないの?」とか「実際、大丈夫なのかな」などと、二の足を踏んでいる人もいるかもしれません。でも、保護犬も「犬は犬」。

ペットショップで買う犬でも、ブリーダーから迎える犬でも、団体などから譲渡してもらう犬でも、犬は犬なんだから、特別なことはなにもありません。また犬からしてみても、自分が保護犬というレッテルを貼られているなんて思っていません。

「保護犬は可哀想」などと特別視しないこと。別に可哀想じゃないと思うこと。犬はただ真っ直ぐに、自分の人生(犬生)を今日も生きているだけです。

それでは次章からは、実際に保護犬を迎えた飼い主さん達の声、〜保護犬を迎えてよかったこと。大変だったこと。〜をご紹介したいと思います。ぜひ参考にして頂ければと思います。

PAGE TOP