ペット, ボランティア, 保護犬, 動物愛護, 愛犬, 殺処分ゼロ,

平成24年9月5日に議員立法による改正動物愛護管理法が公布され、平成25年9月1日より施工されているものが最新のものになります。このときに改正された内容を一部紹介します。

《犬や猫の販売は生後56日以降から》

ペット, ボランティア, 保護犬, 動物愛護, 愛犬, 殺処分ゼロ,

雑則には動物を殺さなければならないときの方法や、実験で使用する際の方法、動物がみだりに傷つけられた時や殺されたときに獣医師は都道府県知事に通報しなければならないなどの内容が定められています。

最後の罰則には愛護動

ペット, ボランティア, 保護犬, 動物愛護, 愛犬, 殺処分ゼロ,

都道府県の措置として、所有者から求められた時犬及び猫を引き取らなければならない、しかし拒否もできるということ、公共の場所において負傷している動物などを見つけた時の通報義務や、犬猫の繁殖制限、動物愛護を推進するということが書か

ペット, ボランティア, 保護犬, 動物愛護, 愛犬, 殺処分ゼロ,

動物の適正な取り扱いでは、第1節には動物の飼い主はこの法律を理解し、動物の性格、習性を理解し飼育し、動物の健康および安全に、他の人に危害を加えないように動物を管理しましょうということが書かれています。

他にも動物

ペット, ボランティア, 保護犬, 動物愛護, 愛犬, 殺処分ゼロ,

基本的指針等では動物愛護及び管理に関する法律を推進するために環境大臣が基本指針を定めて、改正する場合はすぐに公表しなければならないと定められています。

他にも、都道府県はこの基本指針を推進するための計画「動物愛護

ペット, ボランティア, 保護犬, 動物愛護, 愛犬, 殺処分ゼロ,

《動物愛護法》は『愛護』と『管理』の目的から制定された法律です。動物の虐待を防止して命を大切にすること。飼育している動物が周囲に迷惑をかけないようにすること。

《動物愛護法》の目的は主に、総則第1条で定められてま

ペット, ボランティア, 保護犬, 動物愛護, 愛犬, 殺処分ゼロ,

「殺処分をなくしたい」「ペットと人間が共生できる社会になってほしい」。そんな思いから発足した東京弁護士会の公害環境委員会・動物部会が7月中旬、「動物愛護法入門ー人と動物の共生する社会の実現へー」(民事法研究会)を出版されました。

ペット, ボランティア, 保護犬, 動物愛護, 愛犬, 殺処分ゼロ,

ここからは、およそ5年に1度の割合で改正を続ける「動物愛護法」について、具体例などを交えて詳しく見て行きたいと思います。

2017年1月14日、人と動物(ペット)の共存する社会についてのシンポジウムが東京弁護士会

ペット, ボランティア, 保護犬, 動物愛護, 愛犬, 殺処分ゼロ,

2015年度の東京都における犬・猫の殺処分数は979件。その内、猫は927件と、圧倒的な数を占めています。

こういった背景もあり、小池百合子都知事は公約に「ペット殺処分ゼロ」を実現を掲げています。8月には、フリー

ペット, ボランティア, 保護犬, 動物愛護, 愛犬, 殺処分ゼロ,

2011年度に犬・猫の殺処分数が計8340頭と、全国ワーストを記録した広島県ですが、今年4月からは「殺処分ゼロ」を維持しています。

その背景には、広島県神石高原町に本部を構えるNPO法人のピースウィンズ・ジャパン

PAGE TOP