犬を迎えるまでに準備する必要があるもの


我が家に犬がやってきた!でも、犬が快適に暮らせる環境は整っていますか? 今回は、初めて犬を飼う方が犬を迎えるにあたって必要なもの、するべきことをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

迎える犬種によって性格や体質が異なりますし、同じ犬種でも個体ごとに異なります。犬の迎え方はブリーダーや保護犬などがあると思いますが、どの迎え方であっても、まずは迎える犬種がどういった性格で、将来どれくらい成長するのかを理解しておく必要があります。 

保護犬である場合は、保護時の生活環境やその子の性格を考慮して選んでいただければと思います。相談に乗ってくれる団体もありますので、まずは聞いてみましょう(保護団体によっては、準備すべきものが具体的な商品名で指定される場合もあります)。

では最初に、犬を迎えるまでに用意するべきグッズを紹介します。 

①ケージ


犬が快適に過ごせるよう、ケージには配慮が必要です。室内犬には必ず必要なものですね。今後成長して体が大きくなることを見込んだケージ選びも良いでしょう。脱走癖がある場合、屋根面があるケージを選ぶと良いでしょう。また、綺麗好きなわんこの場合、トイレと部屋空間が分かれたタイプを選ばれると良いでしょう。

②トイレ 


犬が清潔に過ごすためにトイレは必要不可欠ですよね。ケージと同じく、体が成長するに従って、トイレの大きさも変えていく必要があります。成長を見込んでトイレ選びをすると良いでしょう。一般的に、トイレトレーニングのために、メッシュタイプのトイレを選ばれる方が多いです。保護犬の場合は、そもそも家の中でトイレをする子かどうかも大切です。また、足を上げたり、ペットシートで遊んでしまう癖があるかで選ぶタイプが変わってきます。

③ベッド・マット


犬は睡眠時間がとても長く、パピー(子犬)の時は成長のために睡眠は非常に大切です。また、安心する場所をつくるためにもベッドやマットは非常に重要なグッズです。全般的に、ある程度ゆったりできる大きさのベッドやマットが良いでしょう。小さすぎると体を曲げて寝なければいけないため、余裕を持ったベッドやマットを選んであげましょう。保護犬で、怖がりな子や一人でゆっくりくつろぎたい子にはドーム型がオススメです。また、車でお出かけすることが多い際、車用のベッド・マットを準備してあげてください。 

④食器


毎日の食事や水を入れてあげる食器も揃えておきたいグッズです。保護犬の場合、ステンレス製など特定の食器で怖がったりして使えないものがないか、事前に理解しておきましょう。

⑤リード・ハーネス類 


日々の散歩の際に、リードやハーネス選びも大切です。散歩ができるかどうか、散歩に慣れていない場合は2リードやハーネスがオススメ。お散歩ができる子であれば、犬種によって首輪・ハーネスを選びましょう。新しい環境に慣れていない時は、予想外の行動をすることもありますので、伸縮リードはオススメしません。突然のリアクションに対応できるようしっかりとリードを持ってお散歩しましょう。

⑥フード


一番大切だと言っても良い食事。フード選びは非常に大切です。種別の特性や年齢、健康状態、アレルギーの有無によってもフードを変更していく必要がありますので、獣医師のアドバイスを聞きながら選ばれると良いでしょう。保護犬の場合、譲渡時は今まで食べていたフードを持参する団体が多いと思います。特に指定がない場合は、アレルギーや病気はないか事前に保護団体に聞き、年齢や体質に合ったフードを選んでください。

⑦洋服・靴

洋服に関しては、必需品ではありません。もちろん、冬の寒い季節に散歩に行く際、保温のために洋服を着せてあげることは大切です。しかし、洋服が苦手な子がほとんどだと思ってください。個人的な意見ですが、アレルギーや皮膚疾患等の理由で着用の指示がない限りは、着せないほうが良いと思います。何よりも大切なことは、犬との信頼関係を築くことです。まずは、そっと見守り生活を共にし、絆を深めましょう。

⑧おもちゃ

留守番中や飼い主さんと遊びの上で、おもちゃは非常に大切です。おもちゃも種別や年齢、性格によって合ったおもちゃがあります。まず、おもちゃで遊ぶかどうか、抱え込み癖がないかどうかを理解することが大切です。おもちゃはストレス発散や飼い主とのコミュニケーションツールになります。おもちゃで遊ぶ子でしたら、いくつかタイプ別に用意してみましょう。

PAGE TOP