犬を飼ったら最初に行わないといけない必須事項

犬を迎えた後にもしなければいけないことはあります。どれも大切なことですので、必ず行うようにしましょう。

①登録

犬を飼ったら、まずは居住している市区町村に飼い犬の登録をしましょう。これは、「どこで誰が犬を飼っているか」というのを明確にするために法律で定められている義務です。各自治体で生後91日以上の犬の飼い主登録を行っています。登録は初めの年だけです。地域で狂犬病が発生した場合はこのデータを利用して対策措置が取られます。引っ越しの際には引っ越し先の市区町村に届けを出す必要があります。

②ワクチン 

上記の登録に加え、年に1度の狂犬病予防ワクチン接種も義務化されています。狂犬病は一度感染・発症してしまうと治療ができませんが、ワクチンの接種で発症を防ぐことができます。犬を守るためにはもちろん、飼い主やその周囲にいる人や動物への感染を防ぐ意味でも、怠ってはいけないものです。市区町村では集合注射が行われているほか、動物病院でも接種できます。 狂犬病の予防接種を動物病院などですませたら、その証明書をもって住民票のある市役所に飼い主登録の届け出をします。その際は登録手数料がかかります。ただし子犬の場合は、この狂犬病の予防接種と混合ワクチンの時期が重なることが多く、どちらを先に受けるべきか迷います。同時に2つ接種することはできません。混合ワクチンと狂犬病予防接種のプログラムは、獣医さんに相談して、子犬の体に無理のない感染性予防をしてあげてくださいね。狂犬病予防接種の案内は毎年4~6月頃届き、公園で集団接種も実施しています。

③病院 


犬が何かしらの体調不良を起こした時には、病院に連れて行ってあげなければいけません。特に、子犬を飼うことが決まったら、信頼できる動物病院を探しておきましょう。子犬を迎えたまさにその日に、子犬に異常が起きるかもしれません。体力のない子犬の容態は急変します。ぐったりしていたら、飼い主さんも慌ててパニックになってしまうかもしれません。いざという時のために動物病院のリストを作っておけば安心ですね。そして子犬を迎えたら、できるだけ早いうちに健康状態を確認しましょう。おなかの中に回虫のいる場合もあるので便を持っていき、寄生虫がいる場合は薬で駆除します。外見ではわからない疾病や異常がないか、血液検査をして獣医さんにしっかりと見てもらってくださいね。先天的の異常がある場合はしっかりと対策をしながら犬を育てることになります。それからワクチンと狂犬病の予防接種の日程を相談しましょう。獣医さんを選ぶポイントは、わかりやすく説明してくれること、家から通いやすいことです。実際に通っている人から評判を聞くのも大切です。

④トリミング

そして、トリミングも忘れてはいけません。トリミングに関しては、トリミングが必要な犬種とそうでない犬種がいて、必要な場合もその頻度は犬種によって異なります。まずは飼う犬がどちらに属しているかを調べましょう。トリミングは見た目だけでなく犬の健康のためにも大事な作業になりますので、欠かさず行うようにしましょう。トリミングサロンはさまざまな地域に数多く出店しているので、ぴったりのお店を探してみてください。 

⑤散歩


散歩はどんな犬にも必要なものです。飼い主が忙しい時や疲れている時もあるかもしれませんが、犬の健康のためにもきちんと行ってあげるようにしましょう。必要な散歩量は犬種によって異なります。一般的に犬の体格が大きくなればなるほどより長く散歩しなければいけなくなるので、犬を迎える際にはそれも考慮しておくべきでしょう。

⑥しつけ 

しつけも犬にとってはとても大切なものです。しっかり行わないと、飼い主だけでなく周りの人に迷惑をかけてしまうことも考えられます。犬を飼うとつい甘やかしてしまいたくなるかもしれませんが、本当にその犬のことを思うなら、甘やかしすぎずきちんとしつけましょう。飼い主用のしつけ教室なども開催されていますので、「しつけ方が分からない!」という方はそういったイベントに参加してみてもよいかもしれませんね。

PAGE TOP