犬の飼い始めに必要な費用

犬を飼う際に必要となる費用を、「飼い始め」、「飼い始めてから毎年」、そして「臨時」という枠組みでまとめました。 これから犬を飼おうという方は、是非参考にして下さい。

犬を飼い始めた時、真っ先に必要となる出費を一覧リスト化しました。内容の詳細は、表の下に記載してありますのでご参照下さい。

医療費に関しては、田舎よりも都会の方がやや割高となります。これは、都会の方が地代が高く、その分を医療費に上乗せしなければならない、という事情が関連しています。

なお、生活用具のより具体的内容については犬に必要なペット用品でご確認ください。


・畜犬登録

畜犬登録は生後90日以上の犬の飼い主全てに義務付けられています。犬が生後90日を過ぎたら狂犬病予防注射を受け、「注射済み証明書」をもって30日以内に役所か保健所に行きます。

費用を払って畜犬登録をすると登録証明書として鑑札(かんさつ=犬の首輪につけます)、注射済み票(メタルと呼ばれ、これも首輪につけます)、標識(ひょうしき=よく玄関に張ってある「犬」というあれです)が渡されます。

なお飼い主の住所が変わるときも届出が必要です。また飼い主が変わるときは「廃犬届け」(はいけんとどけ)を出して鑑札を返し、登録を抹消(まっしょう)してもらいます。 

・狂犬病予防注射

狂犬病予防注射(きょうけんびょうよぼうちゅうしゃ)は、狂犬病予防法により、毎年1回受けなければなりません 狂犬病予防注射の集団検診では、注射希望者が長い列を作って順番を待ちます。 まだ畜犬登録していない人は市区町村に問い合わせて集団接種の日時と会場をお問い合わせ下さい。畜犬登録済みの人は時期が近づくと葉書などで連絡が来ます。

集団接種の機会を逃しても動物病院などで予防注射はできますが、その場合接種済み証明書を保健所などに提出する必要があります。

・健康診断

健康診断では以下のような検査を受けることができます。幾つかの項目に関してはオプションであり、必ずしも行われるわけではありません。オプション検査を依頼すると、その分検査費用がいくらか上乗せされます。

〈体重測定〉

食事量が適正かどうかの目安になります

〈体温測定〉

成犬の平熱は37.5~38.5℃、子犬の平熱は38~39℃くらいです

〈便の検査〉

手法により変動しますが、737~897円程度です。硬さ、匂い、色、顕微鏡を使った寄生虫検査などを行います。便検査をする場合は検査の2時間以内に便を取って病院に持参します(病院内で採取することも可能)。長時間放置した便は寄生虫が卵から孵化(ふか)している可能性があり、正確な検査ができません。

〈血液検査〉

採血料が727円、生化学検査料が4,625円程度です。その他特定の寄生虫やウイルスを検出する際には別料金が発生します。生化学検査では血液系の疾患を調べることができます。また血液型は輸血が必要なときに知っておくと便利ですが、料金が5,432円とやや高めです。

〈尿検査〉

尿の採取料金が1,127円~1,549円、検査料金が1,432円程度です。泌尿器系(ひにょうきけい)の疾患を調べることができます。

〈エックス線検査〉

単純撮影の場合は3,931円程度です。尿管や膀胱(ぼうこう)に異常が見られるときの尿路造影は7,107円、胃や腸の中に異物があるときの消化管造影は7,911円とやや割高になります。

〈心電図検査〉

2,521円程度です。不整脈、心室肥大、冠状動脈疾患などを調べます。

・混合ワクチン接種

犬は病院の診察台に乗せられ、ワクチン注射を受けます。  混合ワクチン接種(こんごうわくちんせっしゅ)は、犬がかかりやすい病気に対する免疫力を、あらかじめ高めるための注射です。生まれたばかりの子犬には母犬から受けた受動免疫(じゅどうめんえき=生まれついて授かった病気に対する抵抗力)がありますが、離乳する頃には免疫力が低下してしまいます。この時期にジステンパー、パルボウイルス、レプトスピラ、伝染性肝炎、パラインフルエンザ、アデノウイルスI型、同II型などの伝染病にかかりやすくなるため、人為的にこれらの感染症に対する混合ワクチンを接種する必要があるのです。生後50日頃に1回目、生後80~90日頃に2回目の接種を受け、以後は1年に1回受け続けるプログラムが一般的です。予防接種は近くの動物病院でいつでもできます。料金は5~6種混合ワクチンが5,000~7,500円、8~10種が5,000~10,000円程度です。

PAGE TOP