犬に洋服は必要?


私もうちの子たちに、それぞれに似合った洋服を着せています。短毛ですが、毛が抜けてそこらじゅう毛だらけになるのを予防するのが一番の目的ですが、やっぱり可愛い我が子には可愛い洋服を着せて写真も撮りたい…犬用の洋服は、飼い主の自己満足!?とも思いますが、洋服を着せるのは、犬にもさまざまな利点があるようです。

うちの近所でも、散歩をしていると、かわいらしい洋服を着せたワンちゃんによくに出会います。ペットショップに行けば、犬用の洋服を取り揃えているお店も多く見られるようになりました。インターネットで探せば、サイズ・柄・色などさまざま犬用の服を見つけることができるはずです。飼い主が趣味のために、犬に洋服を着せている場合も多いと思いますが、必ずしもそうとは限りません。むしろ犬のためと思っているからこそ、洋服を着せている場合のほうが多いようです。

たとえば、暑い夏なら「紫外線対策」になります。強い日差しには紫外線が多く含まれ、犬の健康にも悪影響を及ぼします。犬も人のように、紫外線を浴びすぎると、皮膚がんになります。直射日光を防ぐことで、がんへのリスクが低下して、長生きできるようになります。10歳以上生きる犬が多くなりましたので、長期で見て紫外線対策は健康維持につながります。
一方、寒い冬の場合は「防寒具」としての役目も果たします。これは犬種にもよりますが、例えばイタリアン・グレーハウンドや、ドーベルマンのような超短毛の犬は、防寒のために洋服を着せる必要があります。そこまで超短毛でなくても短毛の犬種だと、同じことが言えます。雪がふる冬場、寒いと感じているのは犬も同じです。服を着ていれば、寒さが和らぎ快適になります。冷たい雨が降っている場合は、犬用のレインコートを着せてあげるのも悪くありません。もちろん犬も風邪を引きます。冷たい雨によって体温が下がり、免疫力の低下を防ぐ役目も果たします。もちろん泥よけにもなりますから、飼い主としても、散歩から帰ってきたときに犬の体を洗う手間が減るはずです。


犬に服を着せるのは「動物虐待だ」という人もいますが、状況によるということです。もちろんフリルが大きすぎて歩きにくい服は、犬にとって邪魔になるばかりですが、状況に応じた洋服は犬も喜ぶはずです。大事なのは、熱すぎたり寒すぎたり雨が降っているときなど、状況に応じて服を着せる事なのです。

愛犬の体調管理に役立つこと、飼い主さんの負担を軽くすることが、洋服を着せるメリットなんですね^ ^

ただ、「洋服を着せることはメリットがあるんだ!じゃさっそくうちの子にも洋服を着せよう!」ではなく、まず愛犬が洋服を着たくなかったら、洋服を着ること自体がストレスになってしまいます。愛犬が洋服を着ることを嫌がったら・・・それは体を触られることを嫌がっているからかもしれません。犬には敏感で触られるのがイヤな部分があるんですね。洋服を着せるためには体を触ります。いきなり洋服を着せるのではなく、まずは体のどの部分に触っても嫌がらないように慣らすことが大切です。飼い主さんが体のどの部分を触っても全然嫌がらないで、むしろ安心すると感じるようにスキンシップをとっていきましょう。そして、どこを触っても大丈夫になったら、ノースリーブタイプの洋服から徐々にトライしていってください。いきなり袖付きの洋服を着せると、洋服に慣れていないので嫌がるかもしれず、洋服嫌いのワンちゃんにしてしまう可能性もあります。

そして、愛犬の洋服を選ぶときにぜひ注意して欲しいポイントがあります。それはなるべく天然素材の洋服を選ぶということです。なぜなら、犬は静電気が大っ嫌いで、洋服を脱ぐときにパチパチッとおこる静電気が苦手なのです。その静電気のせいで洋服嫌いになってしまうワンちゃんもいます。化学繊維でできた洋服だと、犬の毛との摩擦で静電気が起きやすいという理由から、天然素材の洋服をオススメします。洋服を選ぶときに、「レースがかわいい!」「フリルがかわいい!」といったオシャレで可愛い服に目がいってしまうと思いますが、そういう洋服は愛犬が洋服にしっかり慣れてから着せるようにしてあげたほうがいいようです。

 

PAGE TOP