シェルター犬を無償でトリミングし続けた男性。その結果…!

里親を待つシェルター犬たちが、お見合い成立後にさっぱりしてから新たな家族の元へ行くことはあるかもしれません。でも、第一印象がイマイチだと、なかなか貰い手が現れてくれないようです。

そこに着目した一人の男性。MBAを取得し、さあコンサルとして働き始めようという矢先でしたが、あるワンちゃんと出会ったことがきっかけで運命が変わりました。その後、無性で彼らのトリミングを続けているのだとか。
Mark Imhofさんは、ニューヨークのアニマルケアセンターに集まった犬たちの世話をしています。彼の仕事はトリマー。ワンちゃんをお風呂に入れ、のび放題になった毛をきれいに整えてあげます。

これは彼がもともと志望していた職業ではありませんでした。その人生の換期となったのは、2匹のシェルター犬。Imfohさんの想いが「The Dodo」に紹介されていました。

『最初、シェルター犬を譲り受けにいったとき、のび放題になった毛を見て『なんてみすぼらしい子たちだ』と思ったんだよね』

見栄えが良ければ、もっと里親が増えるはずなのに…。彼は、その時の印象が頭から離れず、フィアンセを説得。技術を身につけるべく、トリマー学校へ通う決意を固めました。今ではACCにボランティアとして加わり、無償で犬たちのトリミングをしています。


ACCで働くImhofさんが最初に担当したのが、上の写真のショーンくんは、団体で預かっている犬の中でも、貰い手が現れにくい”望み薄”のリストに入っていたそうです。

しかし、カットの甲斐あってか、まもなく里親が現れ、めでたく引き取られていったんだそう。以下の写真はショーンくんのビフォーアフター。


さっぱりしましたよね。


『考えてもみてよ。もしも人間が、ボサボサごわごわ、寝ぐせだらけな髪の毛のまま取引先に商談に行ったら、それこそ問題だよね。これも同じことなんじゃないかな?』

と語る彼。そして彼がトリミングしてあげた子たちに、嬉しいことにゾクゾクと貰い手が現れました!

いま、Imhofさんは、自身が運営する「Mark The Dog Guy」で、トリミングやペットシッターなどのサービスを提供中。それでも定期的にACCを訪れ、彼らの身だしなみを無償で整え続けてあげてるそうです!

PAGE TOP