犬の事件はこれだけ起こっている!日本で起こった3つの悲しい出来事を考える

人間の最良のパートナーと言われる犬ですが、残念ながら人間に危害を与える事件・事故が起こっています。どうしてこんな悲しいことが起こってしまったのか、自分と愛犬は大丈夫か、考えてみましょう。


〜飼い犬の秋田犬に腕を噛まれ死亡〜

2017年4月北海道で79才の女性が、飼い犬に右腕を深く噛まれ、出血性ショックにより亡くなる事件がありました。犬は3才の秋田犬の雄でした。犬は鎖でつながれていましたが、女性がエサをやる際に噛まれたものとみられています。

〜ゴールデンレトリバーが生後10カ月の女児に噛み付く〜

大きく報道された事件なので、記憶にある方が多いのではないでしょうか。

2017年3月東京八王子市の男性宅で、飼い犬のゴールデンレトリバー(オス4才)が、男性宅を訪れていた生後10カ月の女児を噛んでしまう事件が起こりました。ハイハイしていた女児を、家の中で放し飼いにされていた犬が、男性らの目の前で噛み付ついたとみられています。女児は病院に搬送されましたが、約2時間後に死亡しました。

〜ドーベルマンが散歩中の男性とトイプードルを襲う〜

2010年愛知県での出来事です。男性(90才)が愛犬のトイプードルと散歩中に、突然現れた大型犬に襲われる事件がありました。大型犬は約50メートルほど離れたお宅で飼われていた雄の1才のド―ベルマンでした。オリから逃げ出したものと見られています。トイプードルに襲い掛かろうとするド―ベルマンから愛犬を守ろうと止めに入った際に転倒した男性は頭蓋骨骨折の重傷、トイプードルはド―ベルマンに噛み殺されました。


犬はどうして噛んだ?襲った?のでしょうか。

北海道の飼い主の腕を噛んでしまった事件では、3才と若い雄の秋田犬は老夫婦によって飼われ、満足に散歩に連れて行ってもらえてなかったと書かれている記事がありました。真偽はわかりませんが、充分な運動をされておらずストレスが溜まった状態は、犬を凶暴化させてしまう原因となり得ます。まさにストレスフルが要因です。

ゴールデンレトリバーが女児に噛み付いてしまった事件では、遊びに来た女児の動きを普段目にしていませんから、何らかの動作に驚いてしまったのでは?という見方があるようです。犬は驚いた時に、逃げる犬もいれば、思わず噛み付いてしまう犬もいます。犬には狩猟犬だった頃の狩猟本能や、闘争本能、テリトリー本能などが備わっています。

では、未然に事件・事故を防止するためにはどうすればいいのでしょうか?

・愛犬をストレスに晒さない
・噛み癖は徹底的にトレーニング

・放し飼いは絶対NG

・来客やお子さんがいるときはケージへ

などを心がけていくべきです。

環境省によると、犬の噛み付き事故のほとんどが飼い犬によるものだそうです。飼い犬による咬傷事故は年間4,000件近くも起こっているのだそう。

その事件のほとんどは、適切なしつけで防げたものや、飼い主の注意で防げたものです。

「うちの犬に限って大丈夫」という過信はありませんか?

犬はやはり動物です。どんなタイミングでタガが外れるかわかりませんし、興奮のスイッチが入った犬を操縦するのはとても大変なことです。

「小型犬だから大丈夫」とも言えません。犬の顎の力は相当のものです。家族ではなく、他人を傷つけてしまったら。ほかの犬を怪我させてしまったら。

最近では法的なトラブルにまで発展することも少なくありません。

充分なしつけをした上で、さらに充分すぎるほどの配慮が必要です。

愛犬との幸せな生活は、飼い主の責任があってこそです。

PAGE TOP