「僕を捨てないで」シェルターの前で飼い主に懇願する犬の気持ちに泣けてくる。

アメリカ、カリフォルニア州カーソンのシェルター『カーソンアニマルケアセンター』に連れて来られたのは、3歳になるオスのチワワ”トト”です。 トトは施設の奥から聞こえてくる犬の鳴き声を聞き、この場所が何なのかを瞬時に察知しました。 

落ち着きを失くしたトトは、「僕を捨てないで!お願い」と言わんばかりに飼い主の顔を見上げながら何度も立ち上がります。 

トトと飼い主は1年以上前から暮らし始めたのですが、飼い主がトトを手放す理由は「吠えてうるさいから」というものでした。 

しかし、映像に映る限りにおいてはトトはまったく吠えていません。 

 

この映像は動物保護団体の『セービング カーソン シェルター ドッグ』によって撮影されました。団体ではこのシェルターに持ち込まれる犬たちを引き出して里親を探す活動を行っています。 

撮影が終わったあとも、トトは飼い主の前でお座りをしたり足にすがりついたりして、何度もシェルター内に入ることを嫌がっていたそうです。 
実際、このときのシェルターはほぼ満杯状態で、すぐに里親が現れなければ安楽死の運命が待っていました。 

撮影した団体はトトを救済するためにFacebookにこの動画を投稿して里親を募ったところ、3,000人以上からコメントが寄せられ、30万回以上も再生されたのです。 
「もっと良い飼い主を見つけてほしい」 

「この飼い主は無情だ。リストにピックアップして他の犬を飼えないようにしてほしい」 

「緊張したトトに新しい家族が愛を与えることを願っています」 
「問題があるなら吠えないようにしつけをすれば済むこと」 
「トトの絶望感を感じて悲しい」 
犬の幸せな未来を願うコメントや、しつけもできない飼い主への非難が寄せられ、トトを救いたいとの願いから5,000人以上の人が動画をシェアしました。


団体の投稿したトトの動画はあっという間に拡散し、すぐに里親になりたいという人が現れました。 

トトが安楽死されずにセカンドチャンスを手に入れたことを知った人たちは、みな一様にトトの幸せを願うコメントを書き込みます。 
「シェルターでとても不安だったことでしょう」 
「新しい家族ができたことを神に感謝します」 

「本当に良かった。ずっと愛されて幸せに暮らしてほしい」 
「永遠の家が見つかって良かった!」 
SNSの絶大なパワーによってトトの命は救われました。しかし、動物保護団体の地道な活動がなければ、多くの犬たちの命が失われてしまうことを忘れてはいけません。

どこの国であっても、飼い主自身の都合で犬を捨てる人が後を絶ちません。しかし、犬の気持ちを今一度考えて理解すれば、決して捨てることはできなくなるはずです。 

人と犬との暮らしは1万数千年もの長い歴史を経て今に至ります。その中で犬たちは人間の表情や感情を察知する能力を身に付けました。 
犬を家族として迎えたならば、たとえどんな不都合が生れたとしても、一度立ち止まって犬の気持ちを優先してあげることが必要です。

トトが必死の思いで懇願する動画は、「しつけしても言うことを聞かない」などという身勝手な理由を正当化し、犬を捨ててはいけないことを伝えてくれました。

PAGE TOP