ペットショップに潜入調査!「隠し撮りビデオ」には悲惨な実態が映されていた

動物愛護団体の潜入調査が入ったのは、ニューヨーク・マンハッタンで人気のペットショップです。調査の結果、とんでもないことが日々行なわれていることが明らかになりました。店員による子犬への虐待ばかりか、必要な医療すら受けさせていなかったのです。団体は、このペットショップを閉鎖させるために、実態を明るみにしました。

アメリカの動物愛護団体『米国ヒューメイン・ソサエティ 』は、ペットショップ『チェルシーケネルクラブ』に潜入捜査のメスを入れました。 このペットショップでは子犬販売のほか、グルーミング、洋服、オモチャなども販売していて、マンハッタンでも人気のある「ブティック」でした。

捜査官はこのペットショップで2カ月間店員として働きながら、秘密裏に実態を調査し始めます。 その結果、病気にかかっている動物たちがたくさんいることを見つけました。しかも、客に知らされることもなく、堂々と販売されていたのです。

現場で起きている事実は、証拠としてすべて録画されました。

ペットショップの裏手には「隔離室」と呼ばれる部屋があり、そこには呼吸器に問題を抱えた子犬や、血便をする子犬、痛みを伴う感染症、高熱を出している病気の子犬たちで満たされており、さすがの捜査官も衝撃を覚えます。

捜査官が子犬が高熱を出していることを女性オーナーに伝えると、「そんな高い熱があるわけないでしょ!」とにらみつけました。 そして、「わかったわ、その子にはアスピリンを与えてちょうだい。それから、冷たい水に浸けてちょうだい」と吐き捨てるように言ったのです。

獣医に診せるのではなく、オーナーは暗に「殺してちょうだい」と言っているも同然でした。病気になっていた犬たちは、治療も受けさせてもらえず、どうにもならない苦しみを味わっていたのです。 隔離室には、結膜炎で目が腫れたポメラニアン、痩せ細ってしまったフレンチブルドッグの子犬、重症な肺炎にかかっていたイングリッシュ・ブルドッグの子犬、気管支炎で苦しむ柴犬たちがいました。

さらに、客がいないペットショップ内で、犬たちをとんでもない目に遭わせている瞬間も記録しました。 キャンキャンと鳴く子犬を黙らせようと口を掴み、オモチャで叩きます。通路に置かれたケージ内に展示された子犬が鳴くのを見て、思い切りタオルで叩きます。

子犬を鷲づかみにし、口に薬を入れたあと体を乱暴に揺する店員の姿など、とてもここがペットショップだと思えないような光景が次々と記録されていきました。 そして捜査官は、子犬工場として知られている州から子犬が運び込まれている様子を捉えたのです。さらに、この店で売れ残った子犬は、別のエリアの店に運ばれていることもわかりました。

2カ月間の潜入捜査から、このペットショップが完全に悪質で不法であり、閉鎖に持ち込む必要があると判断し、動かしようのない証拠ビデオを7月25日に公開しました。

ビデオが公開されると、ペットショップに出向き大声で激しく抗議する活動家たちも現れました。 活動家たちが「動物虐待に言い訳は通じません」と叫ぶと、オーナーは「私はニューヨークで最高のペットショップを作るために、大変な努力をしてきたの」と言い訳をします。

ニュースメディアが直接オーナーにインタビューしたところ、「私は動物愛好家です。私は決して動物を食べない菜食主義者なんですから」と、善人を装うような発言でごまかそうとします。 しかし、店員たちはオーナーから病気にかかっていることは言わずに販売するよう、口止めされていたこともわかったのです。

動物愛護団体は、虐待行為など不法な行動を繰り返すペットショップの閉鎖に向けて署名運動を行い、ニューヨーク市保健局に請願書を提出する段取りをしています。

日本でもペットショップに暴力団の影があったり、売れ残ったペットやブリーダーから引き取って有料で譲渡する「引取り屋」がいたりと、深い闇が問題視されています。 ペットとの楽しい暮らしを希望していただけのに、知らないうちにこうした闇の勢力に加担していた…こんな現実をどう打破すれば良いのか、どれだけ考えても答えが出せず苦しくなります。

ペットショップで犬を購入しないだけでは、決して解決しないこの問題。根本的に闇が生まれないようなシステムを誰かが作るしかないところまで来ているのでしょう。

PAGE TOP