犬を飼っているだけで、私たちは長生きできるらしい!?

犬って、触れ合うだけでも元気になれますよね?あのハッピーになる感覚は、ドッグセラピーとしても色んな場面で応用されています。

スウェーデンの研究によって証明されたことは、愛犬家の方に知って欲しいです。ライタープロフィールに「犬を飼っている」と書くくらい愛情があるCaralynn Lippoさんが、その結果を「Little Things」の記事にまとめています。

『犬を飼うことで病気のリスクがグッと下がる』

動物が好きな人に朗報です。犬を飼うことは、特定の病気にかかるリスクを減らしてくれるそうです!

2017年11月17日、「Scientific Reports」に掲載された研究では、スウェーデンでひとり暮らしをする、40~80歳の340万人を調査しました。「BBC」によれば、スウェーデンでは、「ある人が病院に行った回数」と「犬を飼っている人」を記録しているのだとか。だから、研究者は2001年から2012年の膨大なデータから、この2つの関係性を研究することができたようです。

そして、分かったのが、犬を飼っている人は33%も死亡率が低く、心血管疾患などによる死のリスクも36%低いということ。心臓発作になる確率は、11%も減少しているそう。

ちなみに、ひとり暮らしでなくても、犬を飼っている人は、程度は低いけど同じような効果がありました。

研究をリードしたMwenya Mubangaさんは、こう言っています。

「通常なら、ひとり暮らしの人は、パートナーや家族と生活している人よりも、病気のリスクが高いと言われます。だから、今回の結果は非常に興味深いものです」

また、研究では、もともと狩りをするときに活躍していた犬種(テリアやレトリバー、ハウンドなど)を飼っている人が1番効果があった、ということも分かっています。でも、なぜ?という部分までは解明できていないそう。

犬を飼うことで散歩などの運動が増えるし、他の人との関わりが多くなることも影響している可能性も。また、犬に付着するバクテリアなどが、自然とあなたの免疫システムを強化しているのかもしれないですね。

PAGE TOP