「最期」を迎えた老犬が、どうしても飼い主に伝えたかったこと。

『もし僕が話せたら。君に伝えたいんだ。助けてくれて、ありがとう。 愛してくれて、ありがとう。一緒に過ごした日々は全部、覚えているよ。』

そんなフレーズからはじまるこのショートフィルムは、一匹の年老いた犬の回想です。

川に捨てられた、生まれたばかりの子犬。その犬を助けた男性は、そのまま新しい飼い主になりました。

そして長い年月が過ぎました。

飼い主が恋に落ち、プロポーズした時も。

子どもができて、成長していく時も。

ふたりはずっと一緒。

『一緒にやったことは、全部覚えているよ。』

犬はそう語ります。

犬がこの回想をしているのは、動物病院に向かうクルマの中。

到着すると、ベッドの横で主治医が待っていました。最後の別れを告げる飼い主。病気になった犬は、もう苦しむことがないようにと、安楽死のために病院に来たのでした。

永遠の眠りについた相棒。

ずっと身につけていた首輪と大好きだったボール。ふたつを持って海を見つめる飼い主の姿で、フィルムは終わりを告げます。

この、実話を元にした切なくもあたたかいを映画を作ったのは、Shawn Wellingさん。実際に飼っていた犬との思い出を元に、物語を作ったと言います。

『生まれて初めて飼った犬は、ゴールデン・レトリーバーだった。彼との思い出が、この映画の元になっているんだ。

彼は僕が12歳のとき、ガンでこの世を去った。僕は、彼が苦しむのを見ていることしかできなかった。犬はとても無垢な存在だ。ときどき人間よりも人間らしいなと思うことがある。

彼らがいると、それまでとは全く違った人生になる。犬は僕たちのことをいつも見守ってくれているんだ。そのことを表現したくて、この映画を作ったんだよ』

日本では、まださまざまな意見があるペットの安楽死ですが、国によっては広く受け止められているところもあります。

ペットのほとんどは、人間よりも先に死を迎えます。どんな最期がいいのか…はっきりとした答えを出すことはできませんが、何より飼い主の愛情が大切だということは、この映画を通して強く伝わってきました。

PAGE TOP