寂し過ぎて泣きながら走ってきた捨て犬、その首には靴の紐が巻かれていた。

アメリカ全土でも治安の悪さで有名なテキサス州フォートワース。ここには『犬捨て公園』と言われる場所があります。地元で犬の保護活動を続ける女性は、その日も公園を見回っていました。そして、泣きながら女性の元に駆け寄る1匹の犬を見つけ、無事に保護します。涙顔から笑顔を取り戻した、寂しがり屋の”キャリー”の物語をご紹介します。

アメリカ、テキサス州フォートワース市にある『エコー湖公園』は、捨てられる犬の多さから『犬捨て公園』という悪名を付けられています。 この公園一帯を中心に、毎日2回、捨て犬がいないかを確認しに行き保護活動を続けるのは『The Abandoned Ones』のジュディ・オブレゴンさん。

公園周囲に張られたフェンス沿いを車で走らせていると、1匹の痩せた犬が佇んでいるのが目に留まりました。間違いなく捨て犬です。 犬はジュディさんを見るや否や、キューインとまさに泣きながら走り寄ってきました。そして、頭を撫でるジュディさんの手に思い切り頭や体をを押し付けたのです。 どれだけ寂しくて不安な気持ちで生きていたのでしょうか。

ジュディさんは、保護したメス犬の首元になにか黒いものが巻き付いていることに気が付きます。それは古びた靴紐であることが判りました。もしや、と感じたジュディさんが捨て犬がいた辺りのフェンスを確認すると、やはり靴紐の切れ端がフェンスに残っていました。 この犬は、犬捨て公園のフェンスに括り付けられて捨てられていたのです。いつか飼い主がそこに帰って来ることを信じて、犬はその場所から離れることができなかったのでしょう。 疲れ切った表情ではあるものの、安堵した様子の犬に”キャリー”と名付け、もう心配は要らないことを語りかけました。キャリーが健康だった事だけが救いでした。

キャリーは、運転するジュディさんの背中にぴったりとくっついて離れません。そして、ジュディさんの頬にキスをしました。 そのまま動物病院にキャリーを連れて行き診察してもらうことに。残念ながらマイクロチップは装着されておらず飼い主はわかりませんでした。 キャリーはフェンスに繋がれて捨てられていたにもかかわらず、お腹が空いていること以外は目立った病気はないと診断され、ジュディさんはホッと胸を撫でおろします。 差し出されたドッグフードをモリモリと食べるキャリーの顔は幸せに満ちています。

動物病院からの帰り道、キャリーの表情はすでに笑顔に変わっていました!なにか自信を取り戻したような美しい表情です。

あの日ジュディさんに泣きながら近寄ってきた寂しがり屋のキャリー。近いうちに、たくさん遊んでくれて、生涯大切にしてくれる里親さんが現れることを祈ります^^

PAGE TOP