成長し過ぎて商品にならないと捨てられた「クマ犬」から学ぶ、里親の必要性

大きく成長してしまった子犬は明らかに商品価値が落ちることから、そのブリーダーは5ヵ月のポメラニアンをシェルターに持ち込みました。ラッキーなことに子犬には素敵な里親が現れます。里親さんはアートギャラリーを所有する、大の芸術愛好家。可愛さを武器にギャラリーの人気者へと転身した、まるで子熊のような”バート”をご紹介します。

ブリーダーから大きくなりすぎて商品価値がなくなった、としてシェルターに捨てられてしまったのは、5ヶ月になるポメラニアンのオス”バート”。 いくらテディベアのように可愛らしくても、月齢が進んでしまえば単なる売れ残り品として扱われてしまうのです。 そんな彼をインターネットで目にしたのは、ニューヨークにアートギャラリーを所有するキャシー・グレイソンさんでした。 すぐにでもバートの里親にならなければ!と、決めたのには、バートの瞳に何か特別なモノを感じたから、と言います。

バートを引き取った翌日、キャシーさんは早速アートギャラリーでバートのお披露目会を開催しました。そこには数百人もの招待客とディナーが用意され、バートは華やかにアート会デビューを果たしたのです。 バートは可愛らしいだけでなく、とても落ち着いた知的な性格の持ち主で、アートギャラリー空間にいてもなんら違和感がありせません。

それどころか、ギャラリーに飾られたアートそのものを引き立ててしまうほど、不思議な存在になっていました。 ニューヨーク、マイアミ、ロスのアートフェアなど、数十ものオープニングに引っ張りだこです。

飼い主のキャシーさんは、「バートは芸術そのものを愛しています。ギャラリー内では人間のように座ったり、パタパタとユニークに走ったりして本当に愛らしさそのものです」とバートにメロメロです。

コマンドで誰にでもキスができるよう教え込んでいるので、今は自由なキスは互いに制限してているとか。しつけなくても、頭の良いバートならアートギャラリーに来る人々にキスしまくりそうですけどね!

バートの不思議な魅力を引き立たせるために描かれたようなアートの前で知的な表情を見せるバート。 アートギャラリーを訪れる人たちはみな、バートの存在に心を惹かれます。バートがアートの前にいるだけで、思いもよらないもう1つのアートが誕生するからです。

偶然に映り込んだアート作品とバート。アーティストすら想像できない、こんな魅せ方は想像出来ないですよね^^

ライオンとトラがミックスされたような動物の親子。バートのスマイルが家族を得た幸せを物語る。

バートの犬生のスタートは辛いものでしたが、里親がすぐに現れたおかげで今ではニューヨークで夢を育む立派な美術愛好家になることができました。 たまたまバートは幸せな運命を掴むことができましたが、名前も付けられず、飼い主とのキスをすることもなく消えていく犬たちがいることだけは忘れてはいけないですよね。

改めて里親になることの意味と価値を、バートの笑顔は私たちに教えてくれた気がします。

PAGE TOP