飼い主から虐待を受けて逃げ出した犬が、警察署で保護され生きがいを見つける。

ある日、プエルトリコのバヤモンという町にある警察署に、1匹の犬が迷い込んできました。その犬は栄養失調で衰弱しており、体には虐待を受けた形跡があったといいます。その時警察署に勤務していたトニーさんは当時の状況をこう語ります。

「彼はとても怯えた様子で警察署の中にゆっくりと入って来ました。もしかすると、彼は愛情を求めてずっと外をさまよっていたのかもしれません。」

警察署の方々は、そんな犬を中に招き入れると、餌や水を与え、そして体を綺麗に掃除してあげました。すると、これまで怯えていた犬は少し安心したような表情を見せ、その後も夕方まで警察署の方々と共に過ごしたそうです。

夜になると姿を消した犬。しかし、彼は翌日になると再び警察署にやって来ました。

その時犬は前の日とは見違えるほど人懐っこく、愛らしい犬へと変わっていたそうです。どうやら彼は警察署の方々の優しさに触れ、もう一度人間に心を開いてくれたようです。

警察官の方々は、気が付くとすっかり愛らしい犬に心を奪われていました。そして、話し合いの結果、彼らはその犬を警察署で引き取り、面倒を見ていく事を決めたのです。

「ジョージ」と名付けられた犬は、その後すぐに新しい環境での暮らしに慣れ、すっかり警察署の一員となりました。専用のベッドで寝る彼の姿はどこか幸せそうです。

ジョージは現在、警察署の見張り役として働きながら警察官の方々に恩返しをしています。そして、警察官の方々が仕事でストレスを感じたときは、ジョージが愛嬌を振りまいて彼らを癒してくれるそうです。

警察署という居場所を見つけ、皆に愛される存在となったジョージ。彼はきっとこれからも警察官の方々に愛されながら、辛い過去を忘れるほど幸せな毎日を送っていくことでしょう。そして、警察官の方々はこれからもジョージが不自由な思いをしないよう、精一杯お世話をし、愛情を注いでいくつもりだと話しています。

PAGE TOP