12年間ガレージに閉じ込められていた猫が、施設で保護され初めて愛に触れた瞬間。

アメリカ・テキサス州にある猫の保護施設「 Kitty Adventure Rescue League and Sanctuary」。つい先日、この施設に悲しい過去を抱えた1匹の猫がやって来ました。

その猫の写真がこちら。話によると、彼はこれまで12年間飼い主によって車庫の中に閉じ込められ、そこでひとり孤独に暮らしていたそうです。

「保護した際、猫は歯が腐敗し、毛の一部が抜け落ち、更には耳が全く聞こえない状態でした。これまで彼がどんなにつらい日々を送って来たのか…それは私たちには想像もできません。」猫を保護したカリン・ポプリンさんは言います。

保護された時には完全に心を閉ざしているようにも思われた猫。しかし、カリンさんが愛情をもって接したところ、彼は意外な反応を見せました。

「猫は私に抱かれた瞬間嬉しそうな表情を見せ、その後も私の側を離れようとしませんでした。そんな彼の愛らしい姿に、私も胸がいっぱいになりました。」カリンさんは言います。

カリンさんに頭を撫でられ、幸せそうな表情を見せる猫。どうやら、彼はカリンさんのおかげで初めて愛されることの素晴らしさを知ることが出来たようです。

カリンさん曰く、猫は今ではすっかり施設での暮らしに慣れ、耳が聞こえないながらも幸せな日々を送っているそうです。施設の方々も皆、そんな彼がこれ以上寂しい思いをしないよう毎日愛情をもって接しています。

「私たちは今後猫に名前を付け、彼が幸せを感じられるようたくさんの愛情を注いであげるつもりです。これまでは辛く、寂しい暮らしを送って来た彼ですが、施設にいる限りもう寂しい思いをすることはありません。」カリンさんはこうコメントしています。

PAGE TOP