自宅を保護施設として解放し、300匹以上の不幸な猫を救い続ける男性。

ニューヨークのロングアイランドにクリス・アーセナルトさんが住んでいます。クリスさんは電車の車掌を引退し、現在は約300匹の保護猫の世話をしています。

クリスさんは、24歳の息子のエリックさんをオートバイ事故で失いました。深い悲しみに暮れたクリスさんでしたが、あることがきっかけで元気を取り戻すことができたのです。それは2006年のことでした。その日、クリスさんは30匹ほどの猫のコロニーを発見しました。その中には病気で苦しむ子猫達がたくさんいたのです。クリスさんは子猫達を可哀想に思い、コロニーから保護すると、元気になるまで看病を続けました。

クリスさんはその時、猫達を幸せにすることに喜びを感じました。そして、いつしかそれがクリスさんの新しい人生になっていったのです。クリスさんは「ハッピー・キャット・サンクチュアリ」を創設し、自分の家を猫達の保護施設にしました。「私は自分の人生の中で、何か良いことをしたかった」とクリスさんは言いました。そして「この施設は、私の息子への追悼の場なのです」と続けました。

現在、施設には様々な理由で救助された約300匹の猫が暮らしています。母親のいない子猫を保護したり、ひどい飼い主から救い出したこともありました。

クリスさんは猫専用の出入り口や暖かい家屋遊び場など、猫達が暮らしやすいように、自宅に次々と手を加えていきました。

「全ての猫は去勢や避妊をされていて、病気になったらすぐに獣医さんのところへ連れて行きます。猫達は定期的にブラッシングされ、どの猫も愛情いっぱいの育てられています。ここにいる猫や子猫は全て、新しい家に行く準備ができています」とクリスさんは言います。

猫達はご飯の時間が分かっているようで、時間が近づいてくるといつもソワソワし始めるそうです。

クリスさんは猫のベッドやキャットタワーなど様々な物を自作し、猫が食事場所やトイレに簡単に行けるように、猫専用の道も作りました。寒い季節を迎えると猫達は家の中で過ごします。クリスさんは猫達が寒さを感じないように、いつも家の中を暖かく保っているそうです。

クリスさんの寝室にもたくさんの猫がいます。猫達は布団の中でクリスさんに抱っこされながら、いつも幸せそうに喉を鳴らしているそうです。

クリスさんの愛情によって、今までに多くの命が救われてきました。そして今日もクリスさんのおかげで不幸な猫が減り、幸せな猫が増えているのです。きっとクリスさんの大きな愛は、雲の上の息子さんの元にも届いていることでしょう。

PAGE TOP