犬のチャリティ団体~動物愛護国イギリスわんこ事情~

イギリスではチャリティが盛んです。困っている人には手を差し伸べます。もちろん動物へ思いやりも欠かせません!今回はイギリスで貧困に苦しむ飼い主さんの犬を無料で治療する、獣医療のチャリティ団体をご紹介します。

ご存知のようにイギリス人は犬が大好きです。そのため犬を飼っている人は沢山います。しかし、イギリスでの犬の医療費は驚くほど高いのです。保険に入っていても高いと感じますし、また保険でカバーができるものはとても限られてます。年金で暮らしている飼い主さん、また低額所得家庭などの人はとても払えないのが現実です。では、愛犬の医療費を払えない人はどうしているのか、ここで獣医療のチャリティが味方となります!

動物好きに差別はありません。イギリスでは、経済的に余裕がない家庭にも犬はいます。そして貧しいからと言って、ひとつの命も見捨てたりはしません。

PDSA「People’s Dispensary for Sick Animals」

こちらの慈善団体はそのような家庭のペットが病気のとき、経済的な理由から獣医師に診てもらうことが出来ない飼い主さんを助けます。ペットを無料で治療させる、獣医療のチャリティです。

「PDSA」はイギリス動物病院チャリティとして毎年多くの無料診察を行っており、去年は297,000匹の犬を救助しました。現在イギリスで51の病院を持ち、更に380の動物病院との提携をして診療を行っています。また、1,500人のスタッフを雇用する団体に成長しました。無料の診療は経済的に生活が難しく、国から住宅手当もしくは住民税手当(低所得、無職の人が受給可能な社会保障)を受けていることが条件です。一流の獣医師が適切な医療機器を使用して治療をします。無料だからと言って手抜きはしません!

PDSAは、1917年イギリス人女性マリア・ディキンによってによって創立されました。マリアはロンドンのイーストエンドに住む人々を訪ねたとき、ひどい怪我や病気により獣医が必要な動物たちの風景に驚愕しました。すべての原因は動物の治療費が払えないことです。そして金銭的に恵まれない人たちのために無料の診療所を広げ、スタッフの養成にも励みます。この結果、現在までこのチャリティは引き継がれているのです。動物たちのためにひとりで立ち上がった女性、とても勇気のある行動ですよね。

ボランティアは無給です。お仕事の一つとしてチャリティショップの経営があります。チャリティショップはリサイクルの洋服類や家具、本など一般の人が寄付をした物を販売します。お店の窓にも”いらない物を寄付して”のサインがあります。他にドッグショーの開催やロンドンマラソン参加などイベントでの資金集め、動物病院の待合室で飼い主さんの付添いなどもお仕事の一つです。病院での待ち時間を一緒に過ごすことで、飼い主さんの辛い気持ちを少しでも和らげるのが本当のボランティア精神ですね。

ある日PDSAの獣医療サービスセンターに、生後3ヶ月のスタッフォードシャー・ブル・テリア(名前はメイシー)が救急来院しました。症状は体内からきしむような音が聞こえるため、獣医師はオモチャを飲み込んだと思ったそうです。

その後メイシーは呼吸困難と鼻から出血を起こし、事態は急変してしまいました。レントゲンを確認すると体内に約20cmの長さの刃物が・・・。メイシーは刃物の持ち手側から飲み込んでいて、刃物は腸まで達してました。緊急手術が行われメイシーは命を取りとめることができましたが、メイシーの獣医師エミリーさんは彼女はとても運が良かったと言います。もしも持ち手側からではなく刃の側から飲み込んでいたら、内臓を裂き致命的な負傷になる可能性もあったとか…怖くなりますね。またメイシーの飼い主さんはどこでメイシーがナイフを見つけたのかも分からない。食器洗い機から取り出したのかもしれないけど、家族は誰一人見なかったと言います。勿論、PDSAなしにメイシーは助からなかったと感謝でいっぱいです。このような団体が寄付から成り立っていることに、人々の寛大な心を感じますね。

PAGE TOP