捨て犬減少にも役立つ新サービス『犬のシェア』

ロンドンで始まった「BorrowMyDoggy」という犬をシェアするサービスが話題になり、日本でも広まりつつある事をご存知でしょうか?シェアする事のメリットやデメリット、このサービスが広がっている背景について紹介させて頂きます。

「BorrowMyDoggy」という年間の会費を払う事によって、地域の好きなペットに触れ合って共有することができるサービスをご存知ですか?これはロンドンに住むオーナーさん自身が、過去に住宅事情で大好きな犬を飼う事ができなかった辛さをキッカケとして、同じような悩みを持つ人を会員として募り、また条件の合った他の会員と一緒に犬をシェアできるようなサービスを始めたのです。そして最近では捨て犬の減少にも効果があるとして、NPO法人や民間会社の活動によって、同じように様々な理由で1人では犬を飼うのが難しい人、飼いたくても飼えない環境の人が多いとされる日本でも、このサービスが徐々に広まりつつあるのです。

では具体的にどのようなケースでシェアが行われているのか例を挙げていきます。

①2つの家族でシェア

ある家庭Aは「犬が飼いたい。でも夫婦共に平日は朝から夜遅くまで働いて家に居ないので留守番をさせてしまうのが可哀想」という事情で犬を飼う事ができずにいます。そしてもう一方の家族Bは「平日は犬と一緒に家で過ごしているけど、土日や祝日は家族で遠出をしたい。でも頻繁に犬を連れては出掛けられない」という悩みを抱えています。

そこで仲介を通じて引き合わせ、その犬を“平日はB家族といつも通り過ごし、土日祝日だけA家族と過ごす”というようにシェアをする事で解決しました。

②条件の合った人に愛犬を貸し出す

こちらは一番多いケースで、犬を飼いたくて仕方ないけどペット禁止のマンションに住んでいる、または家族の中に動物アレルギーを持っている人がいるから飼えないという人が、住んでいる地域や日にちの条件が合った人の愛犬を時間限定で貸し出しをしてもらいます。こうする事で借りた方は念願のワンコとの散歩やドライブ等を堪能し、貸した方は束の間の自由な時間を楽しむ事ができるんです。

③費用負担側と飼育側で分担

こちらは、とある家庭で飼われている愛犬が歳を追うにつれて吠え癖が酷くなってしまい、「近所から毎日のようにクレームがきてしまう。引っ越す事もできず、引き取り手を探そうにも雑種の大型犬を貰ってくれないだろう。だけど絶対に捨て犬にはしたくない」と悩まれて、捨て犬等の保護や里親を探す活動をしているNPO法人の方に相談した所、ちょうど田舎で農家をされてる人が「番犬になるからちょうど良い」と言う方を見つけてくれました。でも元の飼い主さんは、あくまでも愛犬の全てを放棄したくないと言う事だったので、“飼育”は引き取り手さん、“ワクチンやエサ代などの諸経費”は元の飼い主さんという型でシェアする事になったんです。

このように近年は様々な事情を抱えた飼い主さんが沢山いて、悩んだ挙げくに泣く泣く里親に出したり最悪の場合捨ててしまう事も少なくはないんです。だから一見「犬をシェアなんて!物じゃないんだから」と思われがちなドッグシェアですが、私は上手く取り入れる事さえできるのなら素晴らしいと思うんです。だって何もしないまま捨て犬になるよりはずっと良い事だと思います。

では次にドッグシェアをする事による良い点及び悪い点をそれぞれ挙げていきます。

《メリット》

自分以外にも愛犬を共有する事で、愛犬に感する悩みや問題があれば互い分かち合えるし、また嬉しい発見などが起これば一緒に喜んでくれる人が増えるのは普通の飼い方ではできないですよね。選び方によっては多数の飼い主さん達とドッグシェアをする事もできるので、大型犬から小型犬、様々な犬種と触れ合れあいながら生活できるんです。犬が大好きな方には嬉しいサービスですね!

ドッグシェアの一番良い点は、皆で一匹の犬をシェアすることによって負担が減る分、捨て犬の減少に繋がるとされている事です。不幸なワンコが減るという事に直結します。

《デメリット》

ワンコによっては曜日や時間によって飼い主さんが変わる事もあるので、「一体誰が本当のご主人様なんだろう?」と戸惑ってしまうワンコも出て来てしまいます。不特定多数の飼い主に戸惑うのです。犬種の中には日本犬のように一人の主人しか認めないワンコがいます。こうなってしまうと決めた方以外の飼い主さんとは上手にコミニュケーションを取るのが難しくなってしまう可能性もあります。

大体の場合はシェアする人達の間には仲介が入るので直接のトラブルは起こらないとは思いますが、やはり生き物を扱う上において身内間でも揉め事は発生しますので、意見の食い違いで悩む事も否定はできません。シェア側でのトラブルの可能性もあるという事です。

以上、メリットデメリットを見てきました。様々な事情で犬を飼えない人、同じように事情があって愛犬を持て余してる人を引き合わせて犬をシェアしながら育てるサービスがロンドンから日本へ伝わって話題になっています。こうして多数の飼い主さんが苦楽を共有する事によって捨て犬の数を減少してくれる事に繋がって行くとされています。もちろん不特定多数でシェアするのでワンコを戸惑わせたり上手くコミニュケーションが取れない恐れもあるというデメリットもありますが、シェアする方達との喜びの共有や結束力は心強いし、普段犬を飼う事ができない人にとってはとても嬉しいサービスなのではないでしょうか^_^

PAGE TOP