殺処分される犬は、「人間の手」で判定されている

犬の殺処分は、人間の手で行われます。誰がどのように殺処分を決めているのでしょうか?ある活動と合わせて、まとめてみました。

下の一枚の写真をご覧ください。

左の犬は判定に落ち殺処分。右の犬は判定に合格し幸せに生きています。「譲渡適性検査」を受けた犬は、「判定」を受けて、「合格」と、「不合格」に分けられます。「合格」の判定を受けたした犬は、保護施設に入れられ、新しい飼い主を待つ事が許されます。一方、「不合格」の判定を受けた犬は、収容されて一度も太陽の下に出ることなく、真っ直ぐガス室に向かい、即殺処分されるのです。本来、人間の裁量によって、運命を決められる事は、あってはならない事。そこで、この事実を皆に伝え、変えたいと、1人の人物が立ち上がりました。

事実を伝えたのは、元施設の責任者でした。

“はじめまして。「ひまわりと子犬の7日間」原案者の山下由美です。現在宮崎県では年間3800匹の犬猫が動物管理所に収容され、そのうち2500匹が殺処分されています。2017年に 愛護センター設立が決まったものの、該当地域で捕獲された犬や猫しか入れません。それ以外はこれまで通り過酷な環境に置かれ、何も変わらないのです。

2008年8月、宮崎県が民間団体に運営委託をする犬猫譲渡推進サポート事業「ひまわりの家」がスタートし、私は施設責任者として勤務する事となりました。しかし2009年10月、責任者を辞任しました。

ひまわりの家に来れる犬猫は、譲渡適性検査「判定」に合格した犬猫。一方で、「判定」に落ちた犬猫は、収容されて一度も太陽の下に出ることなく、真っ直ぐガス室に向かい、即殺処分されるのです。

私は、「判定」に落ちた犬猫達に目を向けて行きたいと、「ひまわりの家」を辞任し、「判定」に落ちた犬猫達が1匹でも助かる道を…と、保護施設を起ち上げる決心をしました。そこで犬たちを助けるための第一歩として、2010年3月「いのちのはうす保護家」を設立。宮崎県の動物保護管理所にて、人馴れしていない犬、身体にハンデを抱えた犬猫、老犬、等、人間との共存不可能と譲渡適性検査「判定」に落ちた犬猫をレスキューし、「いのちのはうす保護家」で心と体のケアや譲渡活動をしています。

人間を拒絶していたこの犬も…

今ではすっかり人になつくようになりました!

当施設でくつろいでいるこの犬達は、みんな人間に馴れない、攻撃性があると、「判定」によって落とされた犬達です。

一日の大半吠える事もなく、夜は朝まで自分のテリトリーで過ごし、とても穏やかな群れです。

力で抑える「訓練」「しつけ」ではなく、その犬の心の傷を理解する事、ただ寄り添う事だけで、人間との間に深い絆、信頼関係が築ける程、変わっていきます。

結果は一目瞭然。人間が行っていた「判定」で、犬達の本来の姿はまるで見えていなかったのです。

私達はこの10年間、保護や啓発活動をしながら、県に愛護センター設置を訴え続けました。2017年、ついに愛護センター設立が決定。県の計画では、冷暖房完備、パドック付の檻に一匹ずつ、保護期限なし…と、一見とても素晴らしい建設内容に思えます。

しかし、持ち込まれた犬猫みんなが入れる愛護センターではないのです。現在の冷暖房もなく、冬には凍死するような檻、感染症が出たら蔓延する環境です。入れない子達は、陽に当たることもできない収容所「管理所」にこれまで通りに収容されていくのです。”

出典:https://readyfor.jp

宮崎県北部管理所。陽はほとんど入らずいつも真っ暗です。

ようやく県が動き、新たな施設を約束。大きな一歩ではありますが、根本的な解決にはなっていません。ひとりでは出来ないことも沢山の数が集まれば大きな力になります。これからの課題はたくさんありますが、今私たちになにか出来ることはないか考えてみる時期だと思います。

PAGE TOP