ペットショップで売れ残りとなってしまった犬はどうなるのか?

ペットショップ大国とも言われる日本。毎週のように新しい子犬がペットショップの店頭に並ぶ一方、大きくなって”売れ残り”となってしまう多くの犬の存在を知っていますか?ペットショップの売れ残りの犬たち全てが新たな里親を探してもらえるわけではなく、多くの”売れ残り”犬はその後どうなってしまうのでしょうか?

海外では、ペットをショーケースに入れて客に見せる行為は虐待だとする考えもあり、ペットショップ自体が存在しない先進国もあります。 また、あったとしても非常に厳しい基準や規定が設けられており、ペットショップの開業にはライセンスが必要な国もあります。 その一方、消費者に対するサービス精神ゆえに、日本のペットショップでは子犬への負担が大きすぎる販売方法が長年取られてきました。 しかしここ数年で、販売開始週数の変更や店頭販売時間など、ペットショップに対する規制なども徐々に改善傾向が見られています。

ペットショップでは月齢の低い小さな子犬ほどかわいいとされ、どんどん売れていくそうです。 ペットショップにおける犬の販売数は年々増えていて、売れ残りの犬の数は実際にはそれほどの数ではない、とも言われています。 しかし、そんな中でも体調を崩してしまったり、タイミングが合わなかったりして、ペットショップの”売れ残り”として大きくなってしまう子もいます。 残酷にも、生後半年を過ぎた犬はペットショップではそうそう売れません。 そういった犬は、そのままペットショップの看板犬になったり、店員や知人などが引き取られるケースが多いようです。 また、ボランティア団体などと連携して、譲渡会などに参加して新しい里親を探してみたりもするようですが、そういった機会を与えてもらえるのはほんの一部の犬たちです。

ペットショップにおける売れ残りの犬の全てに、里親を探してもらえるなんてことはありません。 多くの人が想像すると思いますが、ペットショップで売れ残りの犬になってしまった犬のうち、特に病気が見つかってしまった犬やどこにも行く先が見つからなかった場合は殺処分の道をたどる場合もあります。 以前は、ペットショップにおけるほとんどの売れ残りの犬が殺処分となっていましたが、業界全体でも徐々に改善されてきたと言われています。 ですが、やはり一番は、新たな里親を探してあげることですよね。 それなのに、一部の悪徳といえるペットショップなどもあり、店の名を隠し、個人として保健所に持ち込む人間も未だいるようです。 また、殺処分とはならずとも、ペットショップから悪徳なブリーダーの元に引き取られてしまうと、通常の繁殖サイクルに関係なく、劣悪な環境の中で機械のように繁殖を行わされ、生き地獄のような生活を送るはめになる場合もあります。

華やかに見えるペットショップ、ペット業界の裏には見たくないような残酷な現実があるのも事実です。 少しずつ、本当に少しずつですが法律の改善をくり返したり、消費者である私たちが声を上げていき、状況がより良くなっていくことを望んでいます。 ペットショップが日本に根付いているのであれば、やみくもに批判するのではなく、例えば里親を新しく募集する仕組みだったり、犬も人も幸せな道を選べるよう手段や方法を日々模索していく必要があるのだと思います。 今すぐに、ペットショップの売れ残り問題を含む全ての状況が改善されないとしても、重要なのは現実から目をそらさずに考えることをやめてはいけません。 それが、「犬を飼う」人間の責任だと思います。

PAGE TOP