まずはアニマルシェルターに収容された犬猫達の存在を知るということ。

犬猫を収容する施設は、日本では動物愛護センター、保健所、管理所、食品衛生課など、様々な名所がついていますが、これらはすべてアニマルシェルターです。里親探しが行われることもありますが、殆どが殺処分されているのが現状です。

米国ロサンゼルスでカメラマンをしているジョン・ウォンさんは、高確率で殺処分が行われているアニマルシェルターで収容されている犬、猫、その他動物たちの写真を撮り続けています。ジョンが撮影した写真はフェイスブックやインスタグラムにて、配信されています。

メディアでもよく取り上げられていますので、これらの写真に見覚えがある方もいらっしゃるかもしれません。

ジョンはカメラマンとして、アニマルシェルターに収容された動物達の写真を撮り続け、SNSで配信することで彼らの存在をもっと多くの人達に知ってもらいたいと、写真を撮ることで動物愛護のボランティア活動をしています。

いろんなボランティアの形があります。決して、行き場のない動物達を保護して里親探しをするだけが、愛護ボランティアではありません。自分にできることを各自が懸命に考えて、それぞれが可能な範囲で行動を続けていけば、もしかしたらいつか何かが変わるかもしれません。一番いけないのは、助けを求めている存在が目の前にいても見て見ぬふりをすることや、私たち人間が作り出してしまった悲しい現実を知ろうとしないことだと思います。

まずはシェルターに収容されている動物達の存在を知ることから始めましょう。SNSには、いろんな動物たちの悲しい写真が出回っています。その中でもジョンが撮った写真は、多くの人々の心にとても響くものだと感じます。

『アニマルシェルター』や『動物愛護センター』という名前をつけている場所で、命の期限を決めて殺処分が行われている事実を案外知らない人が多いことが、SNSを見ているとよく判ります。”シェルター”というのは、直訳すると、本来、行場のない人や動物を収容して保護し守る所を指します。なので、同じように『動物愛護センター』という言葉がついていると、収容された動物達を愛しみ里親探しをする場所だとつい思ってしまいますよね。でも実際は、一部の殺処分ゼロの施設を除いて、行政が運営する”アニマルシェルター”や”動物愛護センター”の現実は、収容数に限りがあるため、命の期限をつけてまだ生きれる命を殺処分する処分場となっています。つまり頭数管理をする場所になっているというのが現実ではないでしょうか?

それを知らずに迷い犬、捨て猫などを保護した人や、なんらかの事情があって途中で飼えなくなった人たちが、誰か新しい飼い主を見つけてもらおうとこれらの場所に犬猫たちのことを考えて良かれと思い込んで連れて行ってしまう…という事が、実際起きているのです。後で、自分が連れて行った犬猫が殺処分されてしまったと知って、ショックを受け、とても後悔する人も実際にいらっしゃいます。

しかしながら、アニマルシェルターや動物愛護センターなどが殺処分することを責めるべきではないでしょう。そもそも、捨てる人がいるから悲惨な運命を背負わせられる動物達がたくさん存在してしまうのです。たとえいかなる理由があろうとも、一度一緒に暮らし始めたら、家族として最後まで一緒に暮らすべきではないでしょうか?犬猫たちの命を軽く考えすぎている人たちがいることが、大きな問題なのではないでしょうか?

是非一度想像してみてください!

突然、家族だと思って信頼していた人から捨てられることを。

突然、住み慣れた家から追い出されることを。

突然、知らない場所に置きざりにされることを。

突然、迷惑だと通報され、捕獲されて、冷たいコンクリートと鉄格子の中に、強制的に入れられることを。

そして最後にどうか想像してみてください。
突然、酸素を奪われ窒息させられ、苦しくて苦しくてのたうち回りながら死ななければならないことを。

まだ十分生きていける健康体なのに、無責任な飼い主たちが捨てたせいで、犬猫たちは生きる権利を突然奪われてしまうということになりかねません。あなたのことを愛して信じ続けている家族の一員を、いかなる理由が生じようが、どうか途中で放り出さないでください。彼らはいつかきっとあなたが迎えに来てくれるのだと信じ続け、冷たい檻の中であなたが迎えに来てくれるのをひたすら待ち続けていることでしょう。一度人間と一緒に暮らしていた犬猫たちはそういうものなのです。犬や猫たちにも、人間と同じ温かい血が流れています。そして感情がちゃんとあるのです。

最後に、数々の犬たちの写真を撮り続けているジョンが、人々に発信したメッセージをご紹介しておきます。

『我々は彼らを家畜化し、そして我々は今、彼らに対して過ちを犯しています。里親になって彼らを引き取ってください。どうか命をお金で買わないでください。』

PAGE TOP