国の偉大さと道徳的発展は、その国における動物の扱い方で分かる

ピースワンコ・ジャパンの本拠地がある広島県神石群に、「犬塚物語」という伝説が残っています。

村を荒らす狸の化け物に長く苦しめられていた村人たちが、助けを求めて出雲の賢人を訪ねました。しかし、賢人は旅に出て留守。かわりに借りて帰ったのが、飼われていた「権の守」という大きな犬だったでした。ある日、村人と権の守は力を合わせ、化け狸の退治に乗り出します。勇猛果敢に噛みついていった権の守の活躍で、ようやく狸を仕留めたが、深手を負った犬も看病の甲斐なく息絶えてしまいました。村人は嘆き悲しみ、権の守を手厚く葬りました。今も地域には、権の守の墓を建てた「犬塚」、訓練をした「犬の馬場」などの地名が残り、供養祭も行われています。人と犬が大昔から互いに助け合い、支え合って暮らしてきたことを、この伝説は今に語り継いでいます。

そんな大切なパートナーであるはずの犬や猫が、人間の身勝手によって捨てられ、命を奪われている…そのことに対する「義憤」がピースワンコ事業の出発点でした。残酷な殺処分の現実を伝え、ドイツや北欧を手本に、助かる命をすべて救うことに、毎日全力を注いでいます。しかし、道のりは決して楽なものではありません。

2016年4月、ピースワンコでは、広島県の殺処分対象の犬をすべて引き取るようになりました。毎週のように20〜30頭が県の動物愛護センターなどから入ってきて、新しく建設した犬舎もすぐに埋まっていきました。県内の犬の殺処分数は、2015年度には792頭と4年前の3分の1ほどにまで減っていましたが、翌16年度に保護したのは1300頭以上。17年度はさらに大幅に増え、1800頭に迫る勢いでした。今も犬舎の増築を続け、なんとか引き取りに対応しています。

保護団体の方たちは、「殺処分ワースト県」の汚名を返上しようと奮闘されてきましたが、社会は果たしてどう変わったのか?広島県の犬の「殺処分ゼロ」はもうすぐ3年目に入るが、県民の意識も、行政の本気度も、残念ながら理想にはほど遠いと言わざるを得ないということです。

インド独立の指導者マハトマ・ガンジーは、動物と人間社会の関係について次のような言葉を残しています。

「国の偉大さと道徳的発展は、その国における動物の扱い方で分かる」

私自身も、動物の命や権利を大切にする社会は、人に対しても思いやりがあってやさしいと感じます。犬猫の殺処分がまだ約5万6000頭にのぼる日本の現状を、ガンジーが見たらどう評するだろうか。

この春、ピースワンコではまた新しい犬舎や譲渡センターができ、約20人の新人スタッフが加わります。困難を乗り越え、恥ずかしくない国になったと胸を張れる日が来ることを祈るばかりです。

PAGE TOP