犬の里親になるメリットとデメリットを理解してから迎え入れる

何らかの事情で保護された犬達の命を救えるのが里親になるということです。しかしメリットとデメリットを知らないと、引き取った後に負担になることもありえます。今回はメリットとデメリットをご紹介します。

【犬の里親になるメリット】

①犬に愛情や住む場所を与えられる

ひとつの命を救い、愛情や安心して過ごせる場所を与えることができます。血統書付きの犬でもミックス犬でも犬は犬です。どんな犬でも命にかわりはありません。消えてしまうかもしれない命を救うことができるのは最大のメリットでしょう。

②高額な費用がかからない

犬をペットショップで購入する場合、種類にもよりますが数万~数十万円かかります。里親となる場合、基本的には無料でなれます。保護団体などから引き取る場合にはお金がかかることもありますが、高額な費用を取るところはまともなところではほぼありません。逆に高額な費用を取るところがあれば注意が必要です。

③成犬の場合体のサイズや性格がわかる

ミックスの子の場合、体の大きさなどは成長しないとわからないことが多いです。ですが保護犬が成犬の場合、すでにサイズがわかっているので自分たちが飼うことができる犬を選ぶことができます。飼ってみたら大きくなってしまった、ということはありません。

【犬の里親になるデメリット】

①なにか病気を持っている可能性がある

例えば迷子になったり捨てられてしまっている場合、皮膚病などの病気にかかっていることが多く治療が必要です。その他にもとくに成犬の場合はすでに歯周病や心臓疾患など、何らかの病気をもっている可能性があります。それらの病気を治療するために治療費を出し、その後の世話をするために金銭的な負担や精神的な負担もかかります。

②なんらかのトラウマを抱えている可能性がある

保護された犬達の中には前の飼い主さんにひどい扱いを受けたり、保護されるまでの間に色々なつらい経験をしている犬もいます。そういった経験をした犬の中にはトラウマを抱えて、人間と暮らすには少し問題がある犬もいます。そんな犬を里親として引き取る場合、適切な扱いや、気持ちの整理の仕方、根気強く付き合っていく姿勢なども必要になってきます。時には辛い現実を見ることにもなるかもしれません。

③成犬の場合すごせる時間が少ない

成犬を引き取るとやはり子犬を引き取るよりも、犬の一生で過ごせる時間は短くなってしまいます。絆は時間でできるものではありませんが、できるだけ長く一緒に過ごしたいというのが飼い主さんの願いでもあります。成犬を引き取る時はそういった考えも頭の隅に置いておくと良いでしょう。

④慣れるのに時間がかかる

しつけ以前に、新しい人間や環境に慣れてもらうまでに時間がかかることがあります。そのため、まずは慣らすことから始めなくてはなりません。人間でも新しい環境にいきなり放り込まれたら戸惑いますよね。犬も同じように戸惑い、怖い、嫌い、などといったネガティブな感情をもつことがあります。それらの感情を徐々に解きほぐしながら一緒に生活する努力が必要です。生活に慣れてきたらしつけを開始すると良いでしょう。慣れる前にしつけを始めてしまうと、戸惑いや恐怖からしつけが上手くいかなくなる可能性があります。

以上、メリットデメリットをいくつかご紹介しました。どんな犬でも命は命です。救えるのは素晴らしいことです。しかしメリットとデメリットを理解していないと、飼い主さんにとって犬を引き取ったことが負担になることもあります。メリットとデメリットをよく理解して犬を引き取り、幸せに過ごせるようにしてあげましょう!

PAGE TOP