犬の里親の条件ってこれでいいの?「厳しすぎる」「現実的ではない」との声も

保護犬の里親になりたいと思った時に一番の難関である、譲渡条件のクリア。最近里親になりたいという人が増える一方で、なかなか譲渡に至らない、厳しすぎる条件の問題があります。里親になるためには多かれ少なかれクリアしなくてはならない条件があります。ペットショップでお迎えするときも、住所、名前、電話番号の必要最低限の個人情報開示と、「一生大切に家で飼います」といった内容の書類にサインするなどの条件があるのですが、里親になるための条件はこんな簡単なものではありません。

【これに当てはまったらまず無理なNG項目】

単身、男性、学生、未婚のカップル、固定電話無し、フリーメールでのお問い合わせ、8時間以上の留守、60歳以上、飼育経験無し、賃貸住み(ペット可でも)、子持ち

【NG項目をクリアした上で里親が義務付けられること】

世帯主の源泉徴収票(or預金残高証明)、勤務先の連絡先(会社に団体から電話確認)、顔写真、身分証明証のコピー、不動産登記、予防接種と去勢避妊証明、毎週の成長報告、寄付、治療費、アポなし自宅訪問、アポあり複数人で自宅調査、エサ指定

まず、これをクリアできる人がどれだけいるのでしょうか。まるでカードの審査や家宅捜索のような現状です。ましてや寄付を義務付けるあたりはもう譲渡ではありません。それぞれの項目には恐らくそれなりの意味があるとは思いますが、世帯主の源泉徴収票(or預金残高証明)に関して言えば完全に個人情報ですし、アポなしで自宅訪問なども常識ある社会人の行動とは言えません。こんな事がまかり通っていいのでしょうか?また、飼育経験が無い飼い主さんは里親になれないとするなら、初めて犬を飼う時はペットショップやブリーダーから迎えるべきなのでしょうか?

大切な犬猫をきちんとした里親の元に届けて、より良い暮らしができるようにサポートする団体さんやボランティアさんにはとても頭が下がる思いですが、残念なことにあってはならない事がたくさん起きているのです。

・最初からものすごく突っかかるような高圧的な態度で話す

・突然連絡が取れなくなったり、訳も話さず譲渡はできない。など社会人としておかしな言動がある

・プライバシーや人権を侵害するような言動、嫌味、威嚇、失礼なもの言い

・譲渡会が終始ピリピリした雰囲気(犬達も不安がっている)

とても悲しい事ですが全て実際にあった事です。もう二度と保護犬に悲しい思いをさせないためとは言え、犬を迎えに行った人がこんな扱いを受けて傷つく事は、とても許される事ではありません。しかしこうなってしまったのにはいくつかの訳があります。まず一つは、里親になる人が増えた反面、里親になった後に犬を返しにくる人も増えたそうです。すでに一度悲しい経験をした保護犬が更にまた捨てられてしまうということがないように、条件がより厳しくなっていきました。二つ目は、里親に応募し、引き取った動物を虐待するような信じられない事件があってから、動物の譲渡はさらに変わっていきました。それを防止するために条件などが設けられ、行き過ぎた例が今回のような事態に発展しました。

この厳しすぎる条件をクリアできる心優しい家族がどれだけいると思いますか?私は人に気持ちよく接する事のできないような人に、動物はまず救えないと思います。そして、粗暴な態度は犬にも伝わります。そんな人達に保護されているワンちゃん、幸せになれると思いますか?辛いですが、里親になれる人がどんどんいなくなり、なかなか明るい道へと歩めないワンちゃんがたくさんいること、それは紛れもない事実なのです。保護犬に対して責任があるからこそ、厳しい条件や態度を取っているのかもしれませんが、譲渡会の本当の意味は引き取られた先でわんちゃんと里親の家族が幸せに暮らせるように考えることだと思います。しかし、全てがこのような悲しい団体ばかりではありません。もし仮に譲渡会で嫌な思いをされた方も、そこで諦めずに違う譲渡会にも行ってみてください。本当に心ある団体さんもたくさん存在しています。せっかく里親という選択肢を選んだ人が、保護会のイメージが悪かったせいでペットショップに行ってしまうような、そんなことは決して起きてはならないことですし、そんなことでは保護されるわんちゃんは減っていかないと思います。

PAGE TOP