塀の中で盲導犬候補の子犬を育てるパピープログラム

「がんばれよー!」

「元気でな!」

犬を抱きしめ、ほおずりする人。体をさすり、頭をなでる人。犬のほうもひざに乗ったり、顔をなめたりして、全身で甘えています。これは、島根あさひ社会復帰促進センターでおこなわれた第8期盲導犬パピー育成プログラムの修了式の光景です。33人の男性受刑者が、自分たちが10か月間育てた6頭の犬と別れを惜しみました。

島根県浜田市旭町にある同センターでは、公益財団法人日本盲導犬協会との協働で、受刑者が盲導犬候補のパピー(子犬)を育てるという日本初の試みをおこなっています。訓練生(同センターでは受刑者のことをこう呼びます)は、日本盲導犬協会から託された生後2〜4カ月の子犬と月曜から金曜までともに生活し、週末預かる地域のボランティアと協力しあいながら、人といるのが楽しいと思えるような犬に育てる役割を担うのです。

このプログラムの最大の目的は、不足している盲導犬を一頭でも多く視覚障害者のもとに送り出すこと、そして、そのプロセスを担ってもらうことで、訓練生の人間的成長を促し、更生を進めることです。よくアニマルセラピーと混同されるのですが、目的は訓練生の癒やしではありません。彼らが塀の中でパピーウォーカーを務めるという社会貢献のプログラムなのです。実際、ここで育った第7期までのパピー40頭の中から、すでに12頭の盲導犬が誕生し、視覚障害者の人々のよきパートナーとなっています!

刑事施設のなかで動物を育てるのは、手間もかかるし、気も使います。それでもおこなうメリットは何なのでしょうか?

一つは、動物の存在が社会的触媒作用をもたらすということです。パピーのいるユニットは他のユニットに比べ、人間どうしのトラブルが圧倒的に少ないという調査結果が出ています。また、心を閉ざし、内に引きこもりがちな人でも、パピーの世話をとおして会話に参加し、だんだん明るくなっていきます。パピーの存在はともすればネガティブになりがちな刑務所の人間関係のよい潤滑油となっているのです。

二つ目は、動物をケアすることが人としての成長や心の回復を助けるということです。動物は相手が犯罪者であろうと病人であろうと、自分をかわいがってくれる人には無条件の信頼と愛情を与えてくれます。動物に信頼され、愛されることによって、人に心を開けなかった人が少しずつ心を開き、忍耐と責任感を持って世話をするようになり、いっしょに世話をする仲間たちとのコミュニケーションもよくなっていくのです。また、人への思いやりも育っていくのです。

とくに、盲導犬パピー育成プログラムでは、職業訓練として点字点訳を学びつつパピーを育てる方式のため、それまで考えたこともなかった視覚障害者への想いが各人に生まれていくのです。社会を傷つけた人たちだからこそ、自分たちが社会に還元できるものを見いだすことの意味は大きいのです。誰かに何かを与えられることほど、その人の自己肯定感を高めるものはないと思うからです。

修了式のあと、パピーたちは日本盲導犬協会の訓練センターで、いよいよ盲導犬になるための訓練に入ります。実際に盲導犬になるのは3割ほどで、あとは適性に応じて家庭犬になったり、PR犬や繁殖犬になります。どの道が選ばれるにしても、「誰かに愛され、幸せに暮らしてほしい。」それが訓練生たち皆の願いなのです。


犬の里親になるメリットとデメリットを理解してから迎え入れる

何らかの事情で保護された犬達の命を救えるのが里親になるということです。しかしメリットとデメリットを知らないと、引き取った後に負担になることもありえます。今回はメリットとデメリットをご紹介します。

【犬の里親になるメリット】

①犬に愛情や住む場所を与えられる

ひとつの命を救い、愛情や安心して過ごせる場所を与えることができます。血統書付きの犬でもミックス犬でも犬は犬です。どんな犬でも命にかわりはありません。消えてしまうかもしれない命を救うことができるのは最大のメリットでしょう。

②高額な費用がかからない

犬をペットショップで購入する場合、種類にもよりますが数万~数十万円かかります。里親となる場合、基本的には無料でなれます。保護団体などから引き取る場合にはお金がかかることもありますが、高額な費用を取るところはまともなところではほぼありません。逆に高額な費用を取るところがあれば注意が必要です。

③成犬の場合体のサイズや性格がわかる

ミックスの子の場合、体の大きさなどは成長しないとわからないことが多いです。ですが保護犬が成犬の場合、すでにサイズがわかっているので自分たちが飼うことができる犬を選ぶことができます。飼ってみたら大きくなってしまった、ということはありません。

【犬の里親になるデメリット】

①なにか病気を持っている可能性がある

例えば迷子になったり捨てられてしまっている場合、皮膚病などの病気にかかっていることが多く治療が必要です。その他にもとくに成犬の場合はすでに歯周病や心臓疾患など、何らかの病気をもっている可能性があります。それらの病気を治療するために治療費を出し、その後の世話をするために金銭的な負担や精神的な負担もかかります。

②なんらかのトラウマを抱えている可能性がある

保護された犬達の中には前の飼い主さんにひどい扱いを受けたり、保護されるまでの間に色々なつらい経験をしている犬もいます。そういった経験をした犬の中にはトラウマを抱えて、人間と暮らすには少し問題がある犬もいます。そんな犬を里親として引き取る場合、適切な扱いや、気持ちの整理の仕方、根気強く付き合っていく姿勢なども必要になってきます。時には辛い現実を見ることにもなるかもしれません。

③成犬の場合すごせる時間が少ない

成犬を引き取るとやはり子犬を引き取るよりも、犬の一生で過ごせる時間は短くなってしまいます。絆は時間でできるものではありませんが、できるだけ長く一緒に過ごしたいというのが飼い主さんの願いでもあります。成犬を引き取る時はそういった考えも頭の隅に置いておくと良いでしょう。

④慣れるのに時間がかかる

しつけ以前に、新しい人間や環境に慣れてもらうまでに時間がかかることがあります。そのため、まずは慣らすことから始めなくてはなりません。人間でも新しい環境にいきなり放り込まれたら戸惑いますよね。犬も同じように戸惑い、怖い、嫌い、などといったネガティブな感情をもつことがあります。それらの感情を徐々に解きほぐしながら一緒に生活する努力が必要です。生活に慣れてきたらしつけを開始すると良いでしょう。慣れる前にしつけを始めてしまうと、戸惑いや恐怖からしつけが上手くいかなくなる可能性があります。

以上、メリットデメリットをいくつかご紹介しました。どんな犬でも命は命です。救えるのは素晴らしいことです。しかしメリットとデメリットを理解していないと、飼い主さんにとって犬を引き取ったことが負担になることもあります。メリットとデメリットをよく理解して犬を引き取り、幸せに過ごせるようにしてあげましょう!


犬の里親の条件ってこれでいいの?「厳しすぎる」「現実的ではない」との声も

保護犬の里親になりたいと思った時に一番の難関である、譲渡条件のクリア。最近里親になりたいという人が増える一方で、なかなか譲渡に至らない、厳しすぎる条件の問題があります。里親になるためには多かれ少なかれクリアしなくてはならない条件があります。ペットショップでお迎えするときも、住所、名前、電話番号の必要最低限の個人情報開示と、「一生大切に家で飼います」といった内容の書類にサインするなどの条件があるのですが、里親になるための条件はこんな簡単なものではありません。

【これに当てはまったらまず無理なNG項目】

単身、男性、学生、未婚のカップル、固定電話無し、フリーメールでのお問い合わせ、8時間以上の留守、60歳以上、飼育経験無し、賃貸住み(ペット可でも)、子持ち

【NG項目をクリアした上で里親が義務付けられること】

世帯主の源泉徴収票(or預金残高証明)、勤務先の連絡先(会社に団体から電話確認)、顔写真、身分証明証のコピー、不動産登記、予防接種と去勢避妊証明、毎週の成長報告、寄付、治療費、アポなし自宅訪問、アポあり複数人で自宅調査、エサ指定

まず、これをクリアできる人がどれだけいるのでしょうか。まるでカードの審査や家宅捜索のような現状です。ましてや寄付を義務付けるあたりはもう譲渡ではありません。それぞれの項目には恐らくそれなりの意味があるとは思いますが、世帯主の源泉徴収票(or預金残高証明)に関して言えば完全に個人情報ですし、アポなしで自宅訪問なども常識ある社会人の行動とは言えません。こんな事がまかり通っていいのでしょうか?また、飼育経験が無い飼い主さんは里親になれないとするなら、初めて犬を飼う時はペットショップやブリーダーから迎えるべきなのでしょうか?

大切な犬猫をきちんとした里親の元に届けて、より良い暮らしができるようにサポートする団体さんやボランティアさんにはとても頭が下がる思いですが、残念なことにあってはならない事がたくさん起きているのです。

・最初からものすごく突っかかるような高圧的な態度で話す

・突然連絡が取れなくなったり、訳も話さず譲渡はできない。など社会人としておかしな言動がある

・プライバシーや人権を侵害するような言動、嫌味、威嚇、失礼なもの言い

・譲渡会が終始ピリピリした雰囲気(犬達も不安がっている)

とても悲しい事ですが全て実際にあった事です。もう二度と保護犬に悲しい思いをさせないためとは言え、犬を迎えに行った人がこんな扱いを受けて傷つく事は、とても許される事ではありません。しかしこうなってしまったのにはいくつかの訳があります。まず一つは、里親になる人が増えた反面、里親になった後に犬を返しにくる人も増えたそうです。すでに一度悲しい経験をした保護犬が更にまた捨てられてしまうということがないように、条件がより厳しくなっていきました。二つ目は、里親に応募し、引き取った動物を虐待するような信じられない事件があってから、動物の譲渡はさらに変わっていきました。それを防止するために条件などが設けられ、行き過ぎた例が今回のような事態に発展しました。

この厳しすぎる条件をクリアできる心優しい家族がどれだけいると思いますか?私は人に気持ちよく接する事のできないような人に、動物はまず救えないと思います。そして、粗暴な態度は犬にも伝わります。そんな人達に保護されているワンちゃん、幸せになれると思いますか?辛いですが、里親になれる人がどんどんいなくなり、なかなか明るい道へと歩めないワンちゃんがたくさんいること、それは紛れもない事実なのです。保護犬に対して責任があるからこそ、厳しい条件や態度を取っているのかもしれませんが、譲渡会の本当の意味は引き取られた先でわんちゃんと里親の家族が幸せに暮らせるように考えることだと思います。しかし、全てがこのような悲しい団体ばかりではありません。もし仮に譲渡会で嫌な思いをされた方も、そこで諦めずに違う譲渡会にも行ってみてください。本当に心ある団体さんもたくさん存在しています。せっかく里親という選択肢を選んだ人が、保護会のイメージが悪かったせいでペットショップに行ってしまうような、そんなことは決して起きてはならないことですし、そんなことでは保護されるわんちゃんは減っていかないと思います。


犬のレンタル〜保護されたわんちゃんとのふれあい〜

皆さんはペットのレンタルサービスがあるのをご存知ですか?もちろん動物愛護の観点からは、賛否両論色々ありますが、今回は“保護犬のレンタル”について考えたいと思います。飼い主に捨てられたり、元々飼い犬でなかったり、多頭飼い崩壊などによって、保護団体や個人の方によって「一時的に保護されている犬」たち。動物病院の掲示板や、インターネット上でも、毎日のように数多くの里親募集の案件が掲示されています。それでも、心ある飼い主さんに出会えるわんちゃんは、その中のほんの一握りにすぎず、家族を得られない子たちが沢山いますね。

保護された犬達は行政による殺処分からは免れますが、里親の元に引き取られなければ、一生、温かい家庭の中で暮らすことは出来ません。そうした身寄りのないワンちゃんの存在を一人でも多くの人に知ってもらい、新しい飼い主になってくれる人との出会いを探すために、各地域で定期的に、保護団体による譲渡会が催されています。そして、そうした取り組みのひとつとして、保護犬を一般の方に貸し出したりもしているようです。「犬のレンタル」と言ってしまえば、なんだか殺伐とした印象を受ける方もいらっしゃるでしょうが、保護犬のレンタルは、単なる営利目的の犬の貸し出しとは違った意味を持つものとして捉えるべきなのかも知れません。もちろん、取り扱う業者によっては、他の「レンタル専用犬」と同様に、一時貸し出しというお仕事もこなす一方で、その中で良い出会いがあれば、新しい家族の元へと引き取られていくチャンスにもなりもすし、何より、保護犬を積極的に貸し出すことで、レンタル専用犬として生み出される犬を、一頭でも減らせることに繋がってゆくのではないかと考えます。

保護犬をレンタルするメリットとして、

①保護犬に色々な人間との触れ合いの機会を与えてあげる事により、一般家庭に引き取られた後の適応能力を、事前に育てることが出来る

②里親になりたい人は、引き取りたい犬と一定期間を共に過ごす事により、多少なりとも、その犬との相性を見極めることが出来る

③レンタル犬として貸し出される犬の多くが保護犬になれば、レンタル犬として生み出される犬を減らすことが出来、保護犬にも新しい家族と出会えるチャンスが広がる

などです。

ちなみに、保護犬をレンタルする際の注意点としては、貸し出し側より定められている筈ですので、まずはそれに従う事が大前提ですが、保護犬という性質上、犬を飼っている者の視点から、注意するべきと思う事をいくつか挙げてみたいと思います。

①過去の嫌な経験を思い出させるような扱いを避ける

これは、その保護犬が保護される前、どの様な環境に置かれていたかにもよりますが、社会復帰のために訓練され、今は人懐っこい良い子であっても、過去に何か嫌な経験をして、その事がトラウマになっていれば、ちょっとした事でその時の恐怖を思い出してしまう恐れもあります。ワンちゃんによっては、怯えて噛みついたり、逃げ出してしまったり、また、心を閉ざしてしまったりといった事にも繋がってしまうかもしれません。

②持病のための療養食など、食事の指示は必ず守る

もしも、1泊~数日レンタルで、保護犬にエサを与える必要がある場合、貸し主側の指定するエサや給餌量などには必ず従いましょう。持病を持っているワンちゃんの食事には特に注意しなければ、症状を悪化させることもありますので、指定のエサが用意されている場合、勝手に他の食べ物をあげないようにしましょう。

③行方不明にさせない

これは、保護犬に限った事ではありませんが、初めて連れて来られた場所で迷子になってしまえば、ワンちゃんだって何処を目指して歩けば良いかわかりません。万が一首輪や鑑札の無い状態で迷子になってしまったら、せっかく保護されて繋いだ命も、行政による保護(=殺処分の対象)となってしまいかねません。また、交通事故にあって命を落とすかもしれません。

以上が大まかな注意事項です。保護犬がみんな問題を抱えているとは思いませんが、過去の飼育環境などの影響により、心や健康面に問題を抱えた犬も、中にはいる事でしょう。そうした子の多くが、何らかの苦手な物、苦手な音、苦手な人など、敏感に反応してしまう苦手な何かを持っています。もしも、その保護犬を、最後まで面倒を見るおつもりであれば、苦手意識を克服させてあげるお手伝いをすればよいと思いますが、数時間~数日間レンタルするだけの間柄では、それは難しいでしょう。出来れば、苦手な物から遠ざけて、レンタル中の時間を穏やかに楽しく過ごさせてあげられるように配慮してあげると良いのではないでしょうか?

犬を飼っている方たちの見解としては、犬のレンタルという商売について、少なからず嫌悪感があるのも事実でしょう。ですが、保護犬のレンタルについては、少し違った側面で見ることもできるかと思います。新たな家族を求める保護犬と、「新しく犬を迎えるなら保護犬から」とお考えの、真の愛犬家とを結びつける、ベターな方法なのかもしれない、とも考えられる訳です。「保護犬を譲り受けたが、先住犬と折り合いが悪く、やむなく返却した」「いつまでたっても、家族に馴染んでくれず、世話が行き届かないので、返却した」実際に、こういった事例も多くある中で、引き取る前にトライアルできるのであれば、犬も人も、無駄に失望することも少なくなるのではないでしょうか?実際に、保護団体によっては、トライアル後の正式な引き渡しを条件にされているところも多くあるようです。犬のレンタルについて議論すればキリがなく、皆さんの中にも様々な意見がおありの事と思いますが、レンタルというサービスを通じて、お家の無い保護犬に、安心できるお家と温かい家族を見つけてあげられるのであれば、こういった方法もアリなのかな?とも思います。


「犬の命をすくう」という ふるさと納税の新たな選択肢

「ふるさと納税」ときくと、なにをイメージされますか?一般的には、ある地域に寄付などをすると「お礼」として、特産品や名産品を受け取ることができるシステムとして認識されていますよね。そんな中、広島県神石高原町は、ふるさと納税を「犬の命をすくう」ことに繋げている自治体なんです。

1日150頭。これは、全国で殺処分の決定により命を奪われる犬や猫の数。減少傾向にはあるものの、今もさまざまな理由から、ときには飼い主の身勝手な理由で実施されているのが現状です。

広島県神石高原町に本部を置く、特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパンの「ピースワンコ・ジャパン」プロジェクトが掲げている目標は、2020年までに日本の犬猫の殺処分をゼロにするということ。じつは、2011年度に犬猫の殺処分数で全国ワーストを記録した広島県。支援者によって保護施設を拡充し、2016年に広島県の殺処分対象犬をすべて引き取ってからは、なんと、犬の殺処分ゼロを維持しています。

「保護犬たちに、人間のぬくもりを伝えたい」という想いを胸に、ただ犬たちを預かるだけではなく、一頭一頭に新しく名前をつけます。その子たちが新しい家族に出会えるまで、愛情を持ってお世話をします。いつか引き取ってもらう里親さんと、すこしでも早くしあわせな生活を送れるよう、犬たちの健康の維持に努め、人に馴らすトレーニングを日々続けているのだそう。ふるさと納税で神石高原町に寄付することは、このプロジェクトの支援につながっていきます。もちろん、これも住民税、所得税の控除対象です。

寄付金の主な用途は大きくわけて4つです。

1.新犬舎建設や既存犬舎・譲渡センターの改修工事

2.スタッフの人件費や事務所の運営費

3.犬の医療費やフード代

4.冷暖房完備の犬舎の光熱費や譲渡センターの維持費

ふるさと納税をはじめ、たくさんの人の寄付でこれらの支出をカバーしてきたものの、年内には保護頭数が2000頭前後になることが予想されます。すべての用途において、昨年度を大きく上回る費用を要することは必至なのです。ちなみに、2016年度は、ピースウィンズ・ジャパンの保護・譲渡事業には6億円以上の経費が掛かりました。犬舎や譲渡センターの増設を早急に進めなければ、再び殺処分機の稼働を許すことになってしまいます。

ふるさと納税というと、食べ物を謝礼としてもらえる制度というイメージがありますが、必ずしもそれだけではありません。神石高原町に納付すると、特産品のほかに、このプロジェクトで活動する人たちの想いや、その現場を丹念に追ってまとめた書籍、実際にボランティア活動に参加できる「ピースワンコツアー」など、ここならではのお礼を受け取ることができます。

保護犬の問題は、よく耳にはするものの、“具体的に自分たちが動き出すきっかけというのがあまりない”というのが現実です。ひとりひとりのわずかな力でも、それが集まってすくわれる命があります。今年のふるさと納税、どこに寄付をしよう?と悩んでいる人がいたら、新たな選択肢に、神石高原町の「ピースワンコ・ジャパン」プロジェクトをいれてみてください。公式サイトでは、保護犬の紹介や、譲渡会(関東でもおこなわれています)のお知らせなども随時更新中。「犬の殺処分ゼロ」活動は、今日も続いているのです。