ペット, 保護犬, 動物愛護, 愛犬, 殺処分ゼロ,

声を大にして言うことではありませんが、一度飼ったら捨てない。しかしながら、実際に途中で飼育放棄する人があとを絶えないという現実。一度飼うことを決めた犬猫を捨ててしまうには、幾つかの理由があると思われます。迎え入れる前のシミュ

ペット, 保護犬, 動物愛護, 愛犬, 殺処分ゼロ,

毎年全国では5万頭以上の犬が迷子犬として保護されています。犬が迷子になる理由としては、雷や花火に驚いて逃げ出した、散歩や旅行先でいなくなった、ドアや門の隙間から逃げ出したなどのほか、放し飼いにしていたらいなくなった、という悪

ペット, 保護犬, 動物愛護, 愛犬, 殺処分ゼロ,

ペットを飼いたいと思ったとき、まず真っ先に「ペットショップ」が思い浮かんでしまうのが現状だと思います。ショップの代わりに「動物愛護センター」や「保健所」が真っ先に来るようにしなければ殺処分数はなかなか減らないでしょう。ドイツ

ペット, 保護犬, 動物愛護, 愛犬, 殺処分ゼロ,

ペットと出会って24時間の内に衝動的に購入してしまう人の割合は、およそ13.5%と推計されています。しかし、こういう衝動買いをした人の一部には、「鳴き声がうるさくて…」とか「うんちをトイレにしてくれない…」とか「赤ちゃんが生

ペット, 保護犬, 動物愛護, 愛犬, 殺処分ゼロ,

毛皮産業の実態を知ることで毛皮に対する見方が変わるのと同じように、殺処分の実態を知ることで「ペットを飼う」ということに対する見方が変わるはずです。まずは目をそむけず、殺される動物たちの現実を知ることが最初のステップになります

ペット, 保護犬, 動物愛護, 愛犬, 殺処分ゼロ,

一人ひとりが意識を持つことです。 

犬猫殺処分数の約2割を占める飼育放棄に関しては、一人ひとりの自覚を高めることで、今すぐにでも減らすことができるはずです。また迷子予防や繁殖制限など、飼い主の側でできる

ペット, 保護犬, 動物愛護, 愛犬, 殺処分ゼロ,

各都道府県の動物愛護センター、及び保健所です。

『動物愛護センター』と聞くと、あたかも捨てられた犬や猫を保護して愛護してくれる施設だと思いがちです。 しかし実際は動物愛護センターとは一定期間捨て犬や捨て猫を保護し

ペット, 保護犬, 動物愛護, 愛犬, 殺処分ゼロ,

犬を捨てる飼い主がいるからです。

環境省が毎年発表している、犬・猫の引取り及び負傷動物の収容状況を調べると、迷子になった末殺処分される犬のほか、飼い主が行政機関に持ち込むことによって殺処分される犬が、かなりの数に

ペット, 保護犬, 動物愛護, 愛犬, 殺処分ゼロ,

炭酸ガスによる窒息死です。都道府県によってまちまちですが、5~20分かけて捨て犬や捨て猫を窒息死させます。一昔前はバットによる撲殺、または劇薬を用いた毒殺が主流でしたが、コストや職員の安全性を考慮して現在はほとんどの自治体に

ペット, 保護犬, 愛犬, 殺処分ゼロ,

毎年何万頭にも及ぶ犬や猫が、殺処分(さつしょぶん)され続けています。ペットブームの裏側に潜(ひそ)む暗い話ですが、問題を解決へ導くためには、まずひとりひとりが現実を直視しなければならないでしょう。

毎日270匹近

PAGE TOP